先進急性期医療センター ホーム > 業績紹介 > 2004年の業績

業績紹介

2004年の業績

著書(欧文)

  1. Matsuda N, Hattori Y, Gando S. Histamine and sepsis. Histamine: Biology and Medical Aspects. p135-139 Ed. by Andras Falus. Karger Spring Med Publishing Ltd. May, 2004

著書(和文)

  1. 相川直樹, 藤島清太郎編集: SIRSの病態と治療 I ALI/ARDS, 医薬ジャーナル社, 東京, 2004
  2. 丸藤 哲, 亀上 隆, 松田直之, 早川峰司, 星野弘勝: 病態生理のトピックス「凝固線溶系」 34-44
  3. 島崎修次編集: 重症救急患者管理とモニタリング, 秀潤社, 東京, 2004
  4. 丸藤 哲: 血小板・凝固線溶系モニタ 90-101
  5. 高橋芳右編集: DIC病態解明と治療の最前線, 鳥居薬品(株), アルタ出版, 東京, 2004
  6. 丸藤 哲: 救急医療とDIC -病態を中心に- 283-291
  7. 島崎修次, 山本保博, 相川直樹, 丸藤 哲, 猪口貞樹, 瀧 健治, 谷川攻一, 堤 晴彦編集: 先端医療シリーズ27
    救急医療の最先端, 先端医療技術研究所, 東京, 2004
  8. 丸藤 哲: 凝固線溶反応と炎症反応の連関からみた多臓器不全の病態生理 232-239
  9. 丸藤 哲 編著: DIC治療の新たなストラテジー, 先端医学社, 東京, 2004
    1) 丸藤 哲: 臓器障害からtissue factorと凝固・線溶異常を探る 2-12
    2) 丸藤 哲: 救急領域に求められる新しいDIC診断基準を探る 76-82

総説・解説(和文)

  1. 丸藤 哲, 亀上 隆, 松田直之, 澤村 淳, 早川峰司
    特集「術後合併症を防ぐ」術後合併症の原因・治療・予防 血液凝固系合併症 外科治療 90:763-770, 2004
  2. 丸藤 哲
    症候・症状からの救急対応 出血傾向 綜合臨牀 53:993-996, 2004
  3. 丸藤 哲, 早川峰司, 星野弘勝
    DIC概念の変遷 日本救急医学会・日本血栓止血学会合同委員会提唱「救急領域のDIC診断基準(案)」成立とその過程 救急医学 28:759-765, 2004
  4. 丸藤 哲
    救急領域のDIC診断基準 臨床病理 130:15-21, 2004
  5. 丸藤 哲
    トロンビンお前もか! 凝固炎症反応の連関と臓器不全 日本集中治療医学会雑誌 11:176-179, 2004
  6. 丸藤 哲
    SIRSと血管内皮細胞傷害 日本臨床 62:2244-2250, 2004
  7. 丸藤 哲
    救急領域のDIC診断基準 -特徴と今後の方向性- 日本検査血液学会雑誌 5:371-377, 2004
  8. 松田直之, 青山真樹, 石谷利光, 秋沢宏次, 千葉仁志, 丸藤 哲
    集中治療における抗菌薬のサイクリング療法. Progress in Medicine 24: 407- 412, 2004
  9. 松田直之
    2003年 心血管系基礎研究の動向 -Ischemic Preconditioningと血管内皮保護の戦略-.
    Cardiovascular Anesthesia 8: 61-67, 2004
  10. 松田直之
    講座「全身性炎症反応症候群とToll-like受容体シグナル -Alert Cell Strategy-」 循環制御 25: 276-284, 2004
  11. 松田直之, 劔物 修
    救急マニュアル2004 「救急患者の麻酔」 綜合臨床 53: 169-174 2004
  12. 松田直之
    特集「Survival sepsis campaignガイドライン」はこう見る Glucose Control 救急医学 28: 1114-1116, 2004
  13. 松田直之
    誌上講座「論文発表のための統計学入門」第5回 3群以上のノンパラメトリック検定 日本放射線技師会雑誌 51: 33-41, 2004
  14. 服部裕一, 松田直之
    総説「Mitogenic action of endothelin on fibroblasts: エンドセリンの薬理作用と生理作用 線維芽細胞増殖作用」 日本臨床 62: 612-616, 2004

原著論文

欧文論文
  1. Matsuda N, Jesmin S, Takahashi Y, Hatta E, Kobayashi M, Matsuyama K, Kawakami N, Sakuma I, Gando S, Fukui H, Hattori Y, Levi R. Histamine H1- and H2-receptor gene and protein levels are differentially expressed in the hearts of rodents and humans. J Pharmacol Exp Ther 309:786-795, 2004
  2. Matsuda N, Hattori Y, Takahashi Y, Nishihira J, Jesmin S, Kobayashi M, Gando S. Therapeutic effect of in vivo transfection of transcription factor decoy to NF-kB on septic lung in mice. Am J Physiol Lung Cell Mol Physiol 287: L1248-L1255, 2004
  3. Watanuki S, Matsuda N, Sakuraya F, Jesmin S, Hattori Y. Protein kinase C modulation of the regulation of sarcoplasmic reticular function by protein kinase A-mediated phospholamban phosphorylation in diabetic rats. Br J Pharmacol. 141:347-359, 2004
  4. Jesmin S, Mowa CN, Sakuma I, Matsuda N, Togashi H, Yoshioka M, Hattori Y, Kitabatake A. Aromatase is abundantly expressed by neonatal rat penis but downregulated in adulthood.
    J Mol Endocrinol. 33:343-59, 2004
  5. Jesmin S, Gando S, Matsuda N, Sakuma I, Kobayashi S, Sakuraya F, Hattori Y: Temporal changes in plumonary expression of key procoagulant molecules in rabbits with endotoxin-induced acute lung injury: elevated expression levels of protease-activated receptors. Thromb Haemost 92:966-979, 2004
  6. Gando S, Kameue T, Matsuda N, Sawamura A, Hayakawa M, Kato H: Systemic
    Inflammation and disseminated intravascular coagulation in early stage of ALI and ARDS: Role of neutrophil and endothelial activation. Inflammation 28:237-244, 2004
和文論文
  1. 早川峰司, 丸藤 哲, 松田直之, 大城あき子, 上垣慎二, 星野弘勝, 澤村 淳, 亀上 隆
    持続的血液濾過透析によるウリナスタチンクリアランス
    日本集中治療医学会雑誌 11:151-152, 2004
  2. 松下和裕, 早川峰司, 丸藤 哲, 藤原敏勝, 小林一三, 戸塚靖則, 松原 泉
    重症外傷受傷後超急性期にみられる血清ナトリウム濃度の推移と死亡率の関係
    ICUとCCU 28:443-448, 2004

症例報告

  1. 星野弘勝, 丸藤 哲, 早川峰司, 亀上 隆, 松田直之, 南崎哲史
    鈍的気管支損傷に対する片肺全摘術後にみられた肺高血圧症に対してPCPSを使用した1症例
    日本救急医学会雑誌 15:17-21, 2004
  2. 久保田信彦, 松田直之, 近井佳奈子, 伊藤智雄, 千葉仁志, 亀上 隆, 丸藤 哲
    劇症型A群β溶連菌感染症の救命にMRIと術中迅速病理診断を用いた1症例
    日本救急医学会雑誌 15:563-568, 2004

プロシーディング・マスコミ・その他

  1. 丸藤 哲
    救急領域のDIC診断基準を詳説 The Medical & Test Journal 896:6, 2004
  2. 丸藤 哲
    播種性血管内凝固症候群(DIC)への対応 Medicament News 1809:5-7, 2004
  3. 伊藤靖子, 早川峰司, 丸藤 哲, 藤田 到, 板垣史郎, 平野 剛, 井関 健
    CHDF施行患者におけるクリアランス予測に基づいたPAPM/BP至適投与法 臨床薬理 35:169S, 2004
  4. 松田直之, 服部裕一, 丸藤 哲
    Proceeding「敗血症病態における血管内皮細胞機能障害の新しい治療概念:
    PI3キナーゼ・Akt活性の低下によるeNOS機能障害をスタチンが改善する」. Jpn J Crit Care Endotoxemia 8:170-171, 2004
  5. 松田直之
    Proceeding「Septic Sliding Attack Theory」. Jpn J Crit Care Endotoxemia 8:55-56, 2004
  6. 松田直之
    北海道医療新聞第1512号「敗血症血管の拡張性と収縮性に関する基礎研究」
    2004年1月16日発刊
  7. 松田直之
    Slide Attack理論からみたSIRSの病態進展 -CPFXが炎症性受容体の発現を抑制する可能性- Bayel Symposium on Surgical Infections, 4-5, 2004
  8. 松田直之
    北海道「緊急被ばく医療研究会」手記 「緊急被ばく医療」ニュースレター 12:10, 2004
  9. 松田直之
    フジサワ製薬教育ビデオ 約120分「集中治療領域における院内感染対策」 2004年9月

国際学会

シンポジウム
  1. Gando S
    Symposium: DIC and MODS in sepsis. The 13th Congress of the Western Pacific Association of Critical Care Medicine June 2004, Seoul
一般発表
  1. Matsuda N, Hattori Y, Gando S, Kemmotsu O
    Inhaled gene transfection of NF-kB decoy oligonucleotides improves lung vascular permeability in septic mice.
    Society of Critical Care Medicine 33rd Critical Care Congress, Feb, 2004, Orlando, Florida
  2. Matsuda N, Nishihira J, Hattori Y, Gando S
    Pancreatitis upregulates Toll-like receptor 4 gene expression in mouse kidney by macrophage migration inhibitory factor.
    Society of Critical Care Medicine 33rd Critical Care Congress Feb, 2004, Orlando
  3. Matsuda N, Gando S
    Reversal effects of fuluvastatin on decreased phosphorylation of endothelial nitric oxide synthase in the mesenteric artery of endotoxemic rabbits.
    The 4th Joint Scientific Congress of Korean-Japanese Intensivist Symposium, March, 2004, Fukuoka
  4. Matsuda N, Nishihira J, Hattori Y, Gando S, Kemmotsu O
    MIF enhances infectious second attack via up-regulation of Toll-like receptor 4 in the lung of pancreatitis mouse.
    Association of University Anesthesiologists 51th Annual Meeting, May, 2004, Sacramento
  5. Gando S, Jesmin S, Sakuma I, Hattori Y: Expression of thrombin receptor associated with TNF-α, tissue factor, and PAI-1 in a lipopoly -saccharide induced rabbit model of acute lung injury. 100th International Conference American Thoracic Society, May, 2004, Orland
  6. Gando S, Jesmin S, Sakuma I, Kobayahi S, Sakuraya F, Matsuda N, Hattori Y.
    Increased pulmonary expression of thrombin receptor in rabbits with endotoxin-induced acute lung injury.
    18th International Congress on Thrombosis June, 2004, Ljublijana Slovenia
  7. Matsuda N, Hattori Y.
    Histamine H1 and H2 receptor expression in the hearts of rodents and humans.
    9th International Congress of Cardiothoracic and Vascular Anesthesia, Sep, 2004, Tokyo
  8. Matsuda N, Nishihira J, Hattori Y, Gando S, Kemmotsu O.
    Molecular mechanism for the development of acute lung injury in mice with pancreatitis.
    2004 Annual Meeting of American Society of Anesthesiologysts
    October, 2004, Las Vegas
  9. Hayakawa M, Hoshino H, Gando S: A prospective comparative study of the three sets of criteria for disseminated intravascular coagulation. European Society of Intensive Care Medicine 17th Annual Congress, October 2004, Berlin
  10. Matsuda N, Hattori Y.
    Regulatory role of macrophage migration inhibitory factor (MIF) in cardiac histamine synthesis in endotoxemic mice.
    International Society for Heart Research 21th Annual Meeting, Nov 24-25, 2004, Yamanashi
司会・座長
  1. Gando S: Symposium. Acute lung injury and neutrophil elastase. The 13th Congress of the Western Pacific Association of Critical Care Medicine 2004/6 Seoul
  2. Gando S: Free paper session Patient Care. The 4th Joint Scientific Congress of Korean-Japanese Intensivist Symposium, March 2004, Fukuoka

全国学会

シンポジウム
  1. 丸藤 哲
    シンポジウム「集中治療室の環境を見直す―患者のプライバシー保護の方策―」
    第31回日本集中治療医学会学術集会 2004年3月 福岡
  2. 松田直之, 丸藤 哲
    シンポジウム・パネルディスカッション「抗MIF抗体による敗血症免疫療法 -Septic 2nd attackの阻止-」
    第31回日本集中治療医学会学術集会 2004年3月 福岡
  3. 丸藤 哲
    シンポジウム「救急領域のDIC診断基準(案)の前向き検討」
    第5回日本DIC研究会 2004年9月 東京
  4. 早川峰司, 丸藤 哲, 星野弘勝, 澤村 淳, 松田直之, 亀上 隆
    パネルディスカッション)「新しい診断基準を使用したDIC病態の重症度評価」
    第32回日本救急医学会総会・学術集会 2004年10月 幕張
  5. 丸藤 哲
    コンセンサス・シンポジウム「救急領域のDIC診断基準プロスペクティブスディ」
    第27回日本血栓止血学会学術集会 2004年11月 奈良
一般演題
  1. 松田直之, 西平 順, Subrina Jesmin, 丸藤 哲, 服部裕一
    敗血症セカンドアタック理論の薬理学的検証 -急性膵炎マウスモデルにおける心筋細胞の炎症性シグナル増幅の機序-
    第77回日本薬理学会年会 2004年3月 大阪
  2. 加藤浩克, 石谷利光, 石川岳彦, 大城あき子, 上垣慎二, 早川峰司, 澤村 淳, 松田直之, 亀上 隆, 丸藤 哲
    脳圧亢進にて重篤な経過を示したミトコンドリア脳筋症疑い症例
    第31回日本集中治療医学会学術集会 2004年3月 福岡
  3. 上垣慎二, 早川峰司, 澤村 淳, 松田直之, 石谷利光, 亀上 隆, 丸藤 哲
    Bickerstaff型脳幹脳炎の一例
    第31回日本集中治療医学会学術集会 2004年3月 福岡
  4. 岸本憲明, 大山尚貢, 松田直之, 石谷利光, 亀上 隆, 石川岳彦, 森本裕二, 丸藤 哲
    北海道全域における急性心筋梗塞発症に対する主要冠動脈危険因子の検討
    第31回日本集中治療医学会学術集会 2004年3月 福岡
  5. 伊藤靖子, 早川峰司, 井関 健, 大城あき子, 上垣慎二, 澤村 淳, 松田直之, 亀上 隆, 丸藤 哲
    CHDF施行患者におけるPAPM/BPクリアランス予測式の構築
    第31回日本集中治療医学会学術集会 2004年3月 福岡
  6. 平安山直美, 早川峰司, 丸藤 哲, 松田直之, 上垣慎二, 澤村 淳, 亀上 隆
    血液濾過におけるウリナスタチンのクリアランス
    第31回日本集中治療医学会学術集会 2004年3月 福岡
  7. 石川岳彦, 若狭 哲, 加藤浩克, 青山真樹, 小山基弘, 窪田武浩, 丸藤 哲
    乳児心臓手術後の覚醒時に出現したフェンタニルによる筋硬直の一症例
    第31回日本集中治療医学会学術集会 2004年3月 福岡
  8. 石谷利光, 櫻谷文香, 丸藤 哲
    術中に使用したガーゼ由来のグルカンが血中に移行する可能性についての検討
    第31回日本集中治療医学会学術集会 2004年3月 福岡
  9. 平安山直美, 澤村 淳, 上垣慎二, 早川峰司, 松田直之, 亀上 隆, 丸藤 哲
    視力障害を合併した急性膵炎の一症例
    第7回日本臨床救急医学会総会 2004年5月 横浜
  10. 久保田信彦, 松田直之, 丸藤 哲
    気管断裂専用ダブルカフ付きY型気管チューブ考案の一例
    日本麻酔科学会第51回学術集会 2004年5月 名古屋
  11. 桜谷文香, 小林繁明, 石谷利光, 松田直之, 丸藤 哲, 森本裕二
    モルモット単離心室筋細胞における、プロポフォールのイオン電流および活動電位に対する影響
    日本麻酔科学会第51回学術集会 2004年5月 名古屋
  12. Jesmin Subrina, 丸藤 哲, 松田直之
    エンドトキシン誘発敗血症性急性肺傷害におけるトロンビン受容体の発現
    第32回日本救急医学会総会・学術集会 2004年10月 幕張
  13. 藤田 到, 丸藤 哲, 早川峰司, 亀上 隆, 松田直之, 澤村 淳, 井関 健
    CHDF施行患者におけるクリアランス予測に基づくCPFX至適投与法
    第32回日本救急医学会総会・学術集会 2004年10月 幕張
  14. 上垣慎二, 早川峰司, 松田直之, 加藤浩克, 亀上 隆, 丸藤 哲
    喘息発作に対しisofluraneを使用しwithdrawalを呈した1例
    第32回日本救急医学会総会・学術集会 2004年10月 幕張
  15. 平安山直美, 早川峰司, 藤田 到, 丸藤 哲, 井関 健
    PMXによる薬剤吸着のin vitroでの検討
    第32回日本救急医学会総会・学術集会 2004年10月 幕張
  16. 澤村 淳, 加藤浩克, 早川峰司, 松田直之, 亀上 隆, 丸藤 哲, 黒田 敏, 岩崎喜信
    脳動静脈奇形破裂による脳内出血が原因と考えられた多発外傷の一開頭手術例
    第32回日本救急医学会総会・学術集会 2004年10月 幕張
  17. 下嶋秀和, 亀上 隆, 石川岳彦, 澤村 淳, 松田直之, 早川峰司, 丸藤 哲
    当院救急外来における、緊急の出血性ショックに対するO型(+)濃厚赤血球の使用経験
    第32回日本救急医学会総会・学術集会 2004年10月 幕張
  18. 加藤浩克, 下嶋秀和, 星野弘勝, 早川峰司, 松田直之, 澤村 淳, 亀上 隆, 丸藤 哲
    当院救急部での経腸栄養の検討
    第32回日本救急医学会総会・学術集会 2004年10月 幕張
  19. Jesmin Subrina, 丸藤 哲
    エンドトキシン誘発敗血症性肺傷害におけるPARsの経時的発現
    第27回日本血栓止血学会学術集会 2004年11月 奈良
  20. 早川峰司, 丸藤 哲
    外傷性DICによる Secondary Multiple Organ Dysfunction Syndrome
    第27回日本血栓止血学会学術集会 2004年11月 奈良
司会・座長
  1. 丸藤 哲
    教育講演座長「劇症肝不全の治療戦略」
    第31回日本集中治療医学会学術集会 2004年3月 福岡
  2. 丸藤 哲
    イブニングシンポジウム座長「急性肺障害治療のUpdate -症例から学ぶ好中球エラスターゼ阻害剤の臨床効果を含めて-」
    第31回日本集中治療医学会学術集会 2004年3月 福岡
  3. 丸藤 哲
    ランチョンセミナー座長「FDP検査の標準化」
    日本検査血液学会第5回学術集会 2004年7月 札幌
  4. 丸藤 哲
    パネルディスカッション座長「救急医療における新しい重症度評価法と新しいモニタリング」
    第32回日本救急医学会総会・学術集会 2004年10月 幕張
  5. 丸藤 哲
    DIC特別委員会司会「救急領域のDIC診断基準(案)」前向き試験の報告
    第32回日本救急医学会総会・学術集会 2004年10月 幕張

地方会・研究会・その他

招聘講演
  1. 丸藤 哲
    救急医療体制の理解と心肺蘇生法
    井上病院心肺蘇生法講習会 2004年2月 札幌
  2. 丸藤 哲
    生体侵襲と臓器不全のメカニズム -ARDS/ALIとの関連-
    大阪救急・周術期フォーラム2004 2004年2月 大阪
  3. 松田直之
    教育講演「人工呼吸中の気道管理(鎮静・感染)」
    第15回人工呼吸器セミナー 2004年2月 札幌
  4. 丸藤 哲
    今日の救急医療
    札幌透析研究会 2004年3月 札幌
  5. 丸藤 哲
    救急医療体制と心肺蘇生法 -救命の連鎖-
    第37回札幌心電図懇話会教育講演 2004年6月 札幌
  6. 松田直之
    教育講演「急性腎不全の病態と治療」
    日本救急医学会救急看護セミナー 2004年6月 札幌
  7. 松田直之
    教育講演「重症患者の栄養管理」
    日本救急医学会救急看護セミナー 2004年6月 札幌
  8. 丸藤 哲
    教育講演「救急領域のDIC診断基準」
    日本検査血液学会第5回学術集会 2004年7月 札幌
  9. 丸藤 哲
    生体侵襲と臓器不全のメカニズム
    第一回水俣・芦北救急カンファレンス 2004年7月 熊本
  10. 丸藤 哲
    生体侵襲と臓器不全のメカニズム -ARDS/ALIとの関連-
    第8回福岡西部地区出血・止血・血栓カンファランス 2004年7月 福岡
  11. 丸藤 哲
    DICの診断と治療 -最近の考え方-
    第4回横浜CCMフォーラム 2004年9月 横浜
  12. 松田直之
    特別講演「集中治療における感染対策」
    第14回日本集中治療医学会九州地方会 2004年9月 鹿児島
  13. 松田直之
    特別講演「全身性炎症反応症候群とToll-like受容体シグナル -Alert Cell Strategy-」
    鹿児島大学講演会 2004年9月 鹿児島
  14. 松田直之
    特別講演「我々の手による皆のための感染対策」
    札幌あゆみの園感染対策講演会 院内感染対策セミナー 2004年9月 札幌
  15. 丸藤 哲
    DICの新しい考え方-病態・診断・治療-
    南空知医師会学術講演会 2004年10月 岩見沢
  16. 丸藤 哲
    新しいDICの考え方 -概念・診断・治療-
    第2回北陸DIC研究会 2004年11月 金沢
  17. 丸藤 哲
    生体侵襲と臓器不全のメカニズム
    第20回外科フォーラム 2004年11月 名古屋
  18. 丸藤 哲
    生体侵襲と臓器不全 -ALIとARDS-
    飯塚医師会学術研修会 2004年11月 飯塚
  19. 丸藤 哲
    院内外の救急医療システムからみた危機管理
    北海道大学病院歯科診療センター医療安全の日 2004年12月 札幌
  20. 丸藤 哲
    DICの概念・診断・治療 -最近の考え方-
    第3回三重AT III研究会 2004年12月 津
  21. 丸藤 哲
    DIC概念の変遷と新しいDIC診断基準・治療法
    K-ネットカンファレンス 2004年12月 東京
  22. 松田直之
    教育セミナー「集中治療領域における院内感染対策とMRSA感染症治療の実際」
    第52回日本化学療法学会西日本支部総会 2004年12月 神戸
  23. 松田直之
    特別講演「敗血症病態から考えるDIC -今こそ唱える病態生理学的アプローチ- 天空に存在する2つの極星」
    ZLBベーリング(株) 社内教育セミナー 2004年12月 札幌
シンポジウム
  1. 松田直之
    シンポジウム「敗血症の新たな治療」 Septic Sliding Attack Theory
    第8回エンドトキシン血症救命治療研究会 2004年1月 名古屋
  2. 松田直之
    外科領域感染治療における注射用キノロンの最新知見
    「Infectious Sliding Attackへの注射用キノロンの修飾効果」
    Bayer Symposium on Surgical Infection 2004年10月 東京
  3. 石川岳彦, 早川峰司, 小山基弘, 小松義和, 加藤浩克, 星野弘勝, 下嶋秀和, 唐 思健, 丸藤 哲
    シンポジウム「DPC導入が診療報酬請求に与える影響 -集中治療部入室症例を中心に-」
    第13回日本集中治療学会北海道地方会 2004年10月 旭川
一般演題
  1. 佐々木健志, 関堂 充, 大澤昌之, 斉藤 亮, 山本有平, 杉原平樹, 早川峰司, 丸藤 哲
    当科における同種皮膚移植の経験
    第10回日本熱傷学会北海道地方会 2004年2月 札幌
  2. 早川峰司, 亀上 隆, 丸藤 哲, 牧瀬 博
    市立札幌病院から東京スキンバンクへの皮膚提供 -1例目を経験して-
    第10回日本熱傷学会北海道地方会 2004年2月 札幌
  3. 平安山直美, 上垣慎二, 早川峰司, 澤村 淳, 松田直之, 亀上 隆, 丸藤 哲, 石川勝清
    北大救急科としてのCO中毒に対する高圧酸素療法指針
    第10回日本熱傷学会北海道地方会 2004年2月 札幌
  4. 松田直之, 丸藤 哲, 服部裕一
    敗血症におけるToll-like受容体クロストーク -Infectious Slide Attack 理論-
    第55回日本薬理学会北部会 2004年9月 小樽
  5. 加藤浩克, 早川峰司, 下嶋秀和, 星野弘勝, 澤村 淳, 松田直之, 唐 思健, 小山基弘, 石川岳彦, 丸藤 哲
    体外式膜型人工肺(ECMO)とCHDFを施行した非定型肺炎の一例
    第13回日本集中治療学会北海道地方会 2004年10月 旭川
  6. 早川峰司, 下嶋秀和, 星野弘勝, 澤村 淳, 松田直之, 丸藤 哲
    外傷DICによるSecondary Multiple Organ Dysfunction Syndrome
    第13回日本集中治療学会北海道地方会 2004年10月 旭川
  7. 小山基弘, 石川岳彦, 青山真樹, 丸藤 哲
    当院集中治療部における長期滞在症例の検討
    第13回日本集中治療学会北海道地方会 2004年10月 旭川
  8. 堀口貴行, 水島 航, 小松義和, 下嶋秀和, 星野弘勝, 亀上 隆, 丸藤 哲
    ビグアナイド薬による乳酸アシドーシスの1例
    第28回北海道救急医学会総会・学術集会 2004年10月 札幌
  9. 下嶋秀和, 早川峰司, 星野弘勝, 加藤浩克, 小山基弘, 松田直之, 澤村 淳, 石川岳彦, 亀上 隆, 丸藤 哲, 七戸俊明
    鈍的外傷を契機に発症した小腸間膜裂孔ヘルニアの一例
    第28回北海道救急医学会総会・学術集会 2004年10月 札幌
  10. 下嶋秀和, 石川岳彦, 松田直之, 澤村 淳, 小山基弘, 早川峰司, 星野弘勝, 丸藤 哲
    急性大動脈解離の診断とD-dimer
    北海道凝固線溶異常研究会 2004年10月 札幌
司会・座長
  1. 丸藤 哲
    コメンテータ・助言「救急隊員の再教育の現状と課題」
    第12回全国救急隊員シンポジウム 2004年1月 札幌
  2. 丸藤 哲
    司会「重傷熱傷治療成績のための取り組み」
    第10回日本熱傷学会北海道地方会 2004年2月 札幌
  3. 丸藤 哲
    司会「救急領域における深在性真菌症の診断と治療」
    深在性真菌症学術講演会 2004年4月 札幌
  4. 松田直之
    座長「循環薬理」
    第55回日本薬理学会北部会総会 2004年10月 小樽

賞与・学術特許

  1. Matsuda N
    2004 Annual Scientific Award
    Inhaled Gene Transfection of NF-κB Decoy Oligonucleotides Improves Lung Vascular Permeability in Septic Mice.
    The Society of Critical Care Medicine. Feb, 2004
  2. 松田直之
    第1回和田記念賞
    敗血症に合併する急性肺障害の増悪機構 -ヒスタミン受容体発現の変化-
    日本ヒスタミン研究会 2004年12月11日
  3. 松田直之
    学術特許 P2004-043
    オルプリノンはウサギ肺動脈でAktを活性化させる 受理日2004年6月9日

(注) 以上は北海道大学病院救急科の2004年業績であり、救急医学分野の業績ではありません。