先進急性期医療センター ホーム > 業績紹介 > 2010年の業績

業績紹介

2010年の業績

著書

  1. 和田剛志、丸藤哲:播種性血管内凝固症候群(DIC)
    稲田英一 編集
    麻酔科研修ノート pp290-293、2010年 診断と治療社、東京
  2. 和田剛志、丸藤哲:救急集中治療領域における血小板・血栓止血管理
    佐藤博 編
    薬剤師のための救命救急時のスキル&薬ハンドブック pp174-177、2010年 医療ジャーナル社、東京

編集

  1. 丸藤哲:DICのすべて-基礎と診療の最前線-
    丸藤哲 編集
    2010年 総合医学社、東京

総説・解説(英文)

  1. Gando S
    Microvascular thrombosis and multiple organ dysfunction syndrome. : Crit Care Med: 38(suppl.):S35-S42, 2010
  2. Wada H, Asakura H, Okamoto K, Iba T, Uchiyama T, Kawasugi K, Koga S, Mayumi T, Koike K, Gando S, Kushimoto S, Seki Y, Madoiwa S, Maruyama I, Yoshioka A
    Expert consensus for the treatment of disseminated intravascular coagulation in JAPAN: Thromb Res: 125:6-11, 2010

総説・解説(和文)

  1. 丸藤哲:輸血関連急性肺障害TRALIの診断と治療指針
    岡元和文 編
    救急・集中治療ガイドライン2010-11 p187-188、2010年 総合医学社、東京
  2. 丸藤 哲:急性期DIC診断基準の臨床応用-重症症例、敗血症、外傷、産科疾患-
    臨床血液 51:44-51, 2010
  3. 早川峰司、丸藤哲:Sepsisとその周辺-DIC治療-
    救急医学 31:353-358, 2010
  4. 早川峰司:【徹底ガイド DICのすべて 基礎と診療の最前線】 基礎病態と治療 熱中症・蛇毒・脂肪塞栓症候群
    救急・集中治療 22: 1557-1562, 2010
  5. 早川峰司:【徹底ガイド DICのすべて 基礎と診療の最前線】 症例呈示 救急集中治療とDIC
    救急・集中治療 22: 1667-1671, 2010
  6. 下嶋秀和、丸藤哲:症状別初療と診断のすすめ方-出血傾向-
    消化器外科 33:636-638, 2010
  7. 丸藤哲:急性期DIC診断基準作成の意義
    日本外科感染症学会雑誌 7:109-113, 2010
  8. 小倉裕司、藤見聡、中森靖、松本直也、園井英輝、鍬方安行、杉本壽、丸藤哲、齋藤大蔵、小関一英、真弓俊彦、的場敏明、江口豊、大友康裕、岡元好司、池田寿昭、石倉宏恭、上山昌史、丹正勝久、織田成人、久志本成樹、遠藤重厚、島崎修次:急性期DICの臓器不全と予後
    日本外科感染症学会雑誌 7:127-135, 2010
  9. 丸藤哲:DICの新しい診断基準-急性期DIC診断基準の新展開-
    日本検査血液学会雑誌 11:223-226, 2010
  10. 上垣慎二、丸藤哲:DICの診断
    ICUとCCU 34:573-581, 2010
  11. 丸藤哲、澤村淳、早川峰司、菅野正寛、久保田信彦、上垣慎二、平安山直美:外傷急性期の血液凝固線溶系-現在の世界的論点を整理する-
    日本救急医学会雑誌 21:765-778, 2010
  12. 丸藤哲、澤村淳、早川峰司:急性期DIC診断基準の特徴と今後の展望
    日本血栓止血学会雑誌 21:588-594, 2010
  13. 澤村淳:心膜腔穿刺法・心膜切開法
    山口徹 編
    今日の治療指針 p103-105 2010年 医学書院、東京
  14. 小倉裕司、丸藤哲、小関一英、齋藤大蔵、久志本成樹、真弓俊彦、射場敏明、江口豊、大友康裕、岡本好司、池田寿昭、石倉宏恭、上山昌史、丹正勝久、織田成人、遠藤重厚、島崎修次:急性期DIC診断基準の臨床応用
    Coagulation & Inflammation 4:9-16, 2010

欧文論文

原著論文
  1. Hayakawa M, Katabami K, Wada T, Sugano M, Hoshino H, Sawamura A, Gando S.
    Sivelestat improves the mortality rate of sepsis associated with both acute respiratory distress syndrome and disseminated intravascular coagulation patients. : SHOCK 33:14-18, 2010
  2. Kubota N, Ebihara T, Matsumoto M, Gando S, Seya T.
    IL-6 and IFN-α from dsRNA-stimulated dendritic cells control expansion of regulatory T cells. : Biochem Biophys Res Comm 391:1421-1426, 2010
  3. Okamoto K, Wada H, Hatada T, Uchiyama T, Kawasugi K, Mayumi T, Gando S, Kushimoto S, Seki Y, Madoiwa S, Asakura H, Koga S, Iba T, Maruyama I.
    Frequency and hemostatic abnormality in pre-DIC patients. : Thromb Res 126:74-78, 2010
  4. Yamada T, Yamada T, Yamamura MK, Katabami K, Hayakawa M, Tomaru U, Shimada S, Morikawa M, Seki T, Ariga S, Ishikawa K, Ikebe T, Gando S, Minakami H.
    Invasive group A streptococcal infection in pregnancy. : J Infection 60:417-424, 2010
  5. Wada H, Hatada T, Okamoto K, Uchiyama T, Kawasugi K, Mayumi T, Gando S, Kushimoto S, Seki Y, Madoiwa S, Okamura T, Toh CH.
    Modified non-overt DIC diagnostic criteria predict the early phase of overt-DIC. : Am J Hematol 85:691-694, 2010
  6. Zaitsu Y, Terae S, Kudo K, Tha KK, Hayakawa M, Fujima N, Yoshida D, Tsukahara A, Shirato H: Susceptibility-weighted imaging of cerebral fat embolism. J Comput Assist Tomogr 34: 107-112, 2010

和文論文

原著論文
  1. 早川峰司、和田剛志、菅野正寛、下嶋秀和、上垣慎二、澤村淳、丸藤哲
    鈍的外傷患者におけるFDP高値と大量出血の関連性
    日本救急医学会雑誌 21:165-171, 2010
  2. 早川峰司
    持続的血液ろ過透析施行中の患者における抗菌薬クリアランスの算出と適正投与量の設定
    臨床薬理の進歩 114-127, 2010
  3. 早川峰司
    持続的血液ろ過透析施行中の患者における抗菌薬クリアランスの算出と適正投与量の設定
    北海道医学雑誌 85: 105-114, 2010
  4. 澤村淳、方波見謙一、三浪陽介、和田剛志、菅野正寛、久保田信彦、下嶋秀和、上垣慎二、早川峰司、丸藤哲
    救急集中治療領域における真菌分離頻度と薬剤感受性からみた真菌感染症対策
    救急医学 34:1719-1722, 2010
症例報告
  1. 中田麻子、早川峰司、和田剛志、菅野正寛、星野弘勝、澤村淳、丸藤哲
    鈍的大動脈損傷に対する胸部下行大動脈置換術中に発症した脂肪塞栓症候群の1例
    日本救急医学会雑誌 21:42-49, 2010
  2. 和田剛志、澤村淳、方波見謙一、菅野正寛、久保田信彦、早川峰司、丸藤哲
    敗血症を契機に発症したため診断に苦慮したPR3-ANCA陽性顕微鏡的多発血管炎の1例
    ICUとCCU 34:243-247, 2010
  3. 澤村淳、丸藤哲、三島鉄也、井上道夫、笹森由美子、松村茂樹、高橋八三郎
    脳神経外科単科専門病院へ搬送されたBrugada症候群の1症例
    脳神経外科 38:463-471, 2010
  4. 澤村淳、早川峰司、下嶋秀和、久保田信彦、上垣慎二、丸藤哲、黒田敏
    完全社会復帰したクモ膜下出血による院外心機能停止の1例
    日本救急医学会雑誌 21:358-364, 2010
  5. 和田剛志、澤村淳、方波見謙一、菅野正寛、早川峰司、丸藤哲
    腰動脈引き抜き損傷による偽性動脈瘤の1例
    日本救急医学会雑誌 21:799-803, 2010
  6. 和田剛志、澤村淳、菅野正寛、平安山直美、久保田信彦、星野弘勝、早川峰司、丸藤哲
    甲状腺クリーゼと診断した4例の検討
    日本集中治療医学会雑誌 17:191-195, 2010

国際学会

基調講演
  1. Gando S.
    Coagulopathy of critical bleeding -disseminated intravascular coagulation-
    The 2nd International Symposium on Critical Bleeding, September 2010, Copenhagen
  2. Gando S.
    Coagulopathy of trauma -disseminated intravascular coagulation with hemorrhagic phenotype-
    The 2nd International Symposium on Critical Bleeding, September 2010, Copenhagen
  3. Gando S.
    DIC in Trauma
    Subgroup Analysis Writing Group Meeting of CRASH2 Trials, October 2010, London
一般発表
  1. Katabami K, Yamada T, Hayakawa M, Minakami H, Gando S.
    A case of group A streptococcal infection in late pregnancy.
    Society of Critical Care Medicine’s 39th critical care congress, January 2010, Miami
  2. Gando S, Hayakawa M, Sawamura A, Kubota N, Uegaki S, Sugano M.
    DIC at an early phase of trauma is associated with consumption coagulopathy and excessive fibrinolysis both by plasmin and neutrophil elastase, and continues to DIC at late phase of trauma.
    21st International Thrombosis Congress, July 2010, Milan
  3. Hayakawa M, Asahara T, Henzan N, Murakami H, Yamamoto H, Mukai N, Minami Y, Sugano M, Kubota N, Uegaki S, Kamoshida H, Sawamura A, Nomoto K, Gando S.
    Dramatic changes in the gut flora in critical illness immediately after severe insult.
    23rd European Society of Intensive Care Medicine Annual Congress, September 2010, Barcelona
  4. Sawamura A, Hayakawa M, Gando S, Kubota N, Uegaki S, Sugano M.
    The effects of recombinant human soluble thrombomodulin in the experimental endotoxemic mouse induced by lipopolysaccharide.
    23rd European Society of Intensive Care Medicine Annual Congress, September 2010, Barcelona
  5. Uegaki S, Hayakawa M, Gando S.
    Short-term effects of intravenous immunoglobulin on changes in the levels of cytokines and HMGB1 in patients with sepsis.
    23rd European Society of Intensive Care Medicine Annual Congress, September 2010, Barcelona
  6. Murakami H, Gando S, Hayakawa M, Sawamura A, Kubota N, Uegaki S, Sugano M, Mukai N.
    Disseminated intravascular coagulation at an early phase of trauma continuously proceeds to DIC at a late phase of trauma.
    6th Congress of Asia Pacific Society on Thrombosis and Hemostasis, October 2010, Bali
  7. Sawamura A, Gando S, Hayakawa M, Kubota N, Uegaki S, Sugano M.
    Disseminated intravascular coagulation at an early phase of trauma is associated with consumption coagulopathy and excessive fibrinolysis both by plasmin and neutrophil elastase.
    Chest 2010, November 2010, Vancouver

全国学会

教育講演
  1. 丸藤哲
    外傷後の血液凝固線溶系-考え方と現在の世界的論点を整理する-
    第24回日本外傷学会 2010年5月 千葉
シンポジウム
  1. 日本救急医学会 Sepsis Registry 特別委員会
    藤島清太郎、丸藤哲、鈴木幸一郎、齋藤大蔵、真弓俊彦、荒木恒敏、池田弘人、小倉裕司、久志本成樹、小谷穣治、佐々木淳一、鈴木泰、高須修、田熊清継、武山直志、鶴田良介、山下典雄、相川直樹、山口芳裕
    日本救急医学会 Sepsis Registry:米国Surviving Sepsis Campaignデータベース参加と日本独自のデータ収集
    第37回日本集中治療医学会学術集会 2010年3月 広島
  2. 丸藤哲
    急性期DIC診断基準の考え方と臨床応用-重症例、外傷、敗血症、産科疾患-
    第33回日本血栓止血学会学術集会 2010年4月 鹿児島
  3. 久保田信彦、三浪陽介、菅野正寛上垣慎二、早川峰司、澤村淳、丸藤哲
    シンポジウム 救急医療と死因究明:死亡時死体検案についての現況と問題点~死因不明地域より~
    第38回日本救急医学会総会・学術集会 2010年10月 東京
一般演題
  1. 澤村淳、三浪陽介、方波見謙一、和田剛志、菅野正寛、下嶋秀和、上垣慎二、久保田信彦、早川峰司、丸藤哲
    ドクターヘリで搬送されたQT延長症候群の1例
    第37回日本集中治療医学会学術集会 2010年3月 広島
  2. 渡部亮、加藤裕貴、丸藤哲、森本裕二
    レミフェンタニルがOPCABの術後経過に与えた影響~フェンタニル投与量に有意差がない2群の検討~
    第37回日本集中治療医学会学術集会 2010年3月 広島
  3. 方波見謙一、三浪陽介、和田剛志、菅野正寛、下嶋秀和、上垣慎二、久保田信彦、早川峰司、澤村淳、丸藤哲
    結核を合併した重症患者への対応とその問題点
    第37回日本集中治療医学会学術集会 2010年3月 広島
  4. 久保田信彦、松本美佐子、瀬谷司、丸藤哲
    TLR3/TICAM-1 pathwayを介したregulatory T cellの制御
    第37回日本集中治療医学会学術集会 2010年3月 広島
  5. 和田剛志、方波見謙一、三浪陽介、菅野正寛、下嶋秀和、久保田信彦、上垣慎二、早川峰司、澤村淳、丸藤哲
    重症心筋梗塞に合併したカテーテル敗血症を契機に発症し不幸な転帰となったANCA関連血管炎の1例
    第37回日本集中治療医学会学術集会 2010年3月 広島
  6. 上垣慎二、早川峰司、澤村淳、丸藤哲
    ICU入室時に免疫不全のない長期滞在患者におけるサイトメガロウイルス感染症の発生状況に関する検討
    第37回日本集中治療医学会学術集会 2010年3月 広島
  7. 澤村淳、丸藤哲、早川峰司
    外傷急性期患者における急性期DIC診断基準の評価
    第33回日本血栓止血学会学術集会 2010年4月 鹿児島
  8. 早川峰司、丸藤哲
    カナマイシンによる偽性APTT延長
    第33回日本血栓止血学会学術集会 2010年4月 鹿児島
  9. 和田英夫、畑田剛、岡本好司、内山俊正、川杉和夫、真弓俊彦、丸藤哲、久志本茂樹、関義信、窓岩清治
    DIC診断におけるnon-overt-DIC診断基準の有用性の検討
    第33回日本血栓止血学会学術集会 2010年4月 鹿児島
  10. 岡本好司、和田英夫、内山俊正、川杉和夫、真弓俊彦、丸藤哲、久志本成樹、関義信、朝倉英策、古賀震、射場敏明、小池薫、丸山征郎
    Pre-DIC状態における止血系分子マーカーの検討
    第33回日本血栓止血学会学術集会 2010年4月 鹿児島

地方会

教育講演
  1. 丸藤哲:心停止蘇生後症候群と血小板・血液凝固線溶系
    第26回日本救急医学会中国四国地方会 2010年5月 高松
  2. 丸藤哲:心停止蘇生後症候群と血液凝固線溶系
    第55回日本集中治療医学会近畿地方会 2010年6月 大阪
一般演題
  1. 鴨志田久子、村上博基、山本浩、三浪陽介、平安山直美、向井信貴、菅野正寛、久保田信彦、上垣慎二、早川峰司、澤村淳、丸藤哲
    札幌圏の小児重症患者に関する現状~集中治療を要するこどもはどこで誰がみているのか~
    第34回北海道救急医学会学術集会 2010年10月 札幌
  2. 三浪陽介、村上博基、山本浩、向井信貴、菅野正寛、平安山直美、上垣慎二、鴨志田久子、早川峰司、澤村淳、丸藤哲
    シアン中毒が疑われた1症例の治療の実際
    第34回北海道救急医学会学術集会 2010年10月 札幌
  3. 山本浩、澤村淳、鴨志田久子、亀山梨絵、三浪陽介、村上博基、向井信貴、平安山直美、菅野正寛、久保田信彦、上垣慎二、早川峰司、丸藤哲
    急性リチウム中毒に対して急性血液浄化法が奏功した1症例
    第34回北海道救急医学会学術集会 2010年10月 札幌
  4. 村上博基、丸藤哲、澤村淳、早川峰司、上垣慎二、久保田信彦、菅野正寛、向井信貴、平安山直美、三浪陽介、山本浩、鴨志田久子
    多臓器不全を呈した重症熱中症
    日本集中治療医学会第19回北海道地方会 2010年10月 札幌
  5. 久保田信彦、三浪陽介、上垣慎二、早川峰司、澤村淳、丸藤哲
    急性大動脈解離(A型)から心肺停止に至ったものの,ドクターヘリ搬送ならびに経皮的心肺補助装置PCPSにより社会復帰を果たした1症例
    第17回日本航空医療学会総会 2010年11月 札幌

その他の依頼講演

  1. 丸藤哲:敗血症性DIC-診断と治療の考え方-
    東北セプシスセミナー 2010年1月 仙台
  2. 丸藤哲:心停止蘇生後症候群と血小板・血液凝固線溶系-DICとの関わりを探る-
    Keio Intensive Care Forum 2010年5月 東京
  3. 丸藤哲:地域医療と救急医療
    北海道大学薬学部生涯教育特別講座 2010年6月 札幌

司会・座長

  1. 丸藤哲:司会 シンポジウム「集中治療と終末期医療」
    第37回日本集中治療医学会学術集会 2010年3月 広島
  2. 丸藤哲:座長 シンポジウム「血液凝固・炎症反応の関連と臓器障害」
    日本麻酔科学会第57回学術集会 2010年6月 福岡

看護研究等業績

全国学会ワークショップ

  1. 高井嘉紀:
    集中治療における看護の喜び・醍醐味
    第38回日本集中治療医学会学術集会 2011年2月24日 横浜

地方会一般演題

  1. 岩本満美、下河原みゆき:
    初療室における電子カルテ導入による看護記録の変化
    第34回北海道救急医学会北海道地方会 2010年10月23日 札幌
  2. 武田京子、伊藤有美、池田佳寿子、金瑞木、佐藤奈美、吉田恵、谷内紗智知子、藤林薫、下河原みゆき:
    ICU入室患者における踵部褥瘡の発生要因の検討
    第19回日本集中治療医学会北海道地方会 2010年10月30日 札幌
  3. 岩本満美、大塚博明 高岡勇子 奥原芳子 佐竹恵美子:
    安全な人工呼吸器管理を推進する人工呼吸器認定者(院内認定)の育成と支援
    ―集中ケア・救急看護認定看護師の立場で参画して―
    第19回日本集中治療医学会北海道地方会 2010年10月30日 札幌
  4. 矢澤利恵:
    ICUにおける看護師の業務拡大にむけての取り組みと今後の課題
    第19回日本集中治療医学会北海道地方会 2010年10月30日 札幌
  5. 藤林 薫:
    熱傷患者の処置の現状と今後の課題
    第17回日本熱傷学会北海道地方会 2010年11月6日 札幌

司会・座長

  1. 岩本満美:
    救急看護
    第6回日本クリティカルケア看護学会学術集会 2010年7月16日 札幌
  2. 下河原みゆき:
    看護2
    第19回日本集中治療医学会北海道地方会 2010年10月30日 札幌
  3. 大塚博明:
    人工呼吸中のケアに必要な基礎知識
    第1回北海道呼吸療法セミナー 2010年12月19日 札幌