先進急性期医療センター ホーム > 業績紹介 > 2011年の業績

業績紹介

2011年の業績

著書

  1. 丸藤哲:侵襲と生体反応
    日本救急医学会専門医認定委員会 編
    救急診療指針改訂4版 pp593-602、2011年 へるす出版、東京
  2. 丸藤哲:救急集中治療領域における播種性血管内凝固症候群の診断と治療
    日本血栓止血学会 編
    血栓と止血の臨床 pp200-203、2011年 南江堂、東京
  3. 早川峰司、丸藤哲:血管強化薬と局所止血薬
    日本血栓止血学会 編
    血栓と止血の臨床 pp262-264、2011年 南江堂、東京
  4. 和田剛志、丸藤哲:DICと血液凝固線溶系
    武田純三、田中健一 編
    血液凝固・抗凝固・線溶系が分かる本 pp183-190、2011年 真興交易医学出版部、東京
  5. 早川峰司:二次救命処置(ALS)気道と換気
    JRCガイドライン作成合同委員会 編
    医学のあゆみ JRC蘇生ガイドライン2010 pp52-57、2011年 へるす出版、東京
  6. 早川峰司:循環管理
    日本臨床救急医学会救急認定薬剤師認定委員会 編
    薬剤師のための救急・集中治療領域標準テキスト pp139-146、2011年 へるす出版、東京

総説・解説(英文)

  1. Gando S, Sawamura A, Hayakawa M.
    Trauma, shock, and disseminated intravascular coagulation. Ann Surg 254:10-19, 2011

総説・解説(和文)

  1. 丸藤哲、澤村淳、早川峰司、上垣慎二、久保田信彦、菅野正寛、平安山直美、向井信貴、三浪陽介:ER・ICUでの薬の使い方-播種性血管内凝固症候群(DIC)-
    救急・集中治療 23:53-64, 2011
  2. 丸藤哲:セプシスの治療とガイドライン(SSCG)
    Clinician 58:339-346, 2011
  3. 丸藤哲:急性期DIC診断基準スコアとその影響
    侵襲と免疫 20:17-21, 2011
  4. 丸藤哲:急性期DIC診断基準
    臨床病理レビュー 147: 42-48, 2011
  5. 丸藤哲:新規DIC治療薬リコンビナント・トロンボモジュリン製剤はどの様な病態のDICにつかうべきか
    血栓と循環 19: 148-152, 2011
  6. 澤村淳、菅野正寛、久保田信彦、上垣慎二、早川峰司、丸藤哲:ショックに合併したDIC管理の実際
    救急医学 35:482-490, 2011
  7. 丸藤哲、澤村淳、早川峰司、菅野正寛、上垣慎二、久保田信彦、向井信貴、山本浩:感染性・非感染性生体侵襲と生体反応
    救急医学 35:747-752, 2011
  8. 久保田信彦、丸藤哲:緊張性気胸の診断と治療
    救急・ERノート pp131-136、2011年 羊土社、東京
  9. 丸藤哲、澤村淳、早川峰司、菅野正寛、上垣慎二、久保田信彦:炎症と凝固線溶反応-TAFIと補体活性化-
    Thrombosis Medicine 1:21-26, 2011
  10. 早川峰司、丸藤哲:輸液と輸血
    救急集中治療医学レビュー pp82-85、2011年 総合医学社、東京
  11. 上垣慎二、丸藤哲:ICUでの重症患者管理-DICとその類似疾患での対応-
    レジデントノート 13:1921-1927, 2011
  12. 丸藤哲、澤村淳、早川峰司、菅野正寛、久保田信彦、上垣慎二、向井信貴、山本浩:外傷と局所・全身反応
    日本外科感染症学会雑誌 8:297-305, 2011
  13. 丸藤哲:SIRS/Sepsisの定義・病態・診断・治療
    日本家畜臨床感染症研究会誌 6:67-75, 2011
  14. 丸藤哲、澤村淳、早川峰司、久保田信彦、上垣慎二、菅野正寛、向井信貴、本間多恵子:TFPIを介した凝固炎症反応とOPTIMIST
    Thrombosis Medicine 2:151-156, 2011
  15. 澤村淳、菅野正寛、久保田信彦、上垣慎二、早川峰司、丸藤哲:血栓・塞栓の治療
    救急医学 35:1768-1772, 2011
  16. 早川峰司:ショックマネジメント
    Modern Physician 31:531-533, 2011
  17. 早川峰司:気道確保と蘇生器具
    医学のあゆみ 237:985-989, 2011
  18. 早川峰司:この患者をどう管理する~私のストラテジーをお教えします-モデルケース-回答 モニター値の経時的変化をもとに臓器障害の改善を目指す
    Intensivist 3:316-317, 2011

欧文論文

原著論文
  1. Hayakawa M, Sawamura A, Gando S, Kubota N, Uegaki S, Shimojima H, Sugano M, Ieko M.
    Deisseminated intravascular coagulation at an early phase of trauma is associated with consumption coagulopathy and excessive fibrinolysis both by plasmin and neutrophil elastase. Surgery 149:221-230, 2011
  2. Roberts I, Shakur H, Afolabi A, Brohi K, Coats T, Dewan Y, Gando S, Guyatt G, Hunt BJ, Morales C, Perel P, Prieto-Merino D, Woolley T
    The importance of early treatment with tranexamic acid in bleeding trauma patients: an exploratory analysis of the CRASH-2 randomised contorilled trial. Lancet 377:1096-1101, 2011
  3. Hayakawa M, Katabami K, Wada T, Minami Y, Sugano M, Shimojima H, Kubota N, Uegaki S, Sawamura A, Gando S.
    Imbalance between macrophage migration inhibitory factor and cortisol induces multiple organ dysfunction in patients with trauma. Inflammation 34:193-197, 2011
  4. Hayakawa M, Asahara T, Henzan N, Murakami H, Yamamoto H, Mukai N, Minami Y, Sugano M, Kubota N, Uegaki S, Kamoshida H, Sawamura A, Nomoto K, Gando S.
    Dramatic changes of the gut flora immediately after severe and sudden insults. Dig Dis Sci 56:2361-2365, 2011
  5. Sawamura A, Hayakawa M, Sugano M, Henzan N, Kubota N, Uegaki S, Gando S.
    Efficacy of ciprofloxacin as an anti-inflammatoru agent in patients with sepsis. J Jpn Surg Infec 8:679-685, 2011
  6. Jesmin S, Yamaguchi N, Zaedi S, Nusrat Sultana S, Iwashima Y, Sawamura A, Gando S.
    Time-dependent expression of endothelin-1 in lungs and the effects of TNF-α blocking peptide on acute lung injury in an endotoxemic rat model. Biomed Res 32:9-17, 2011
症例報告
  1. Kobayashi T, Khin Khin Tha, Terae S, Iijima Y, Katabami K, Minami Y, Uegaki S, Gando S, Shirato H.
    Improved detection of heat stroke-induced brain injury by high B-value diffusion-weighted imaging. J Comput Assist Tomogr 35:498-500, 2011

和文論文

原著論文
  1. 上垣慎二、早川峰司、柳田雄一郎、下嶋秀和、南崎哲史、丸藤哲
    敗血症患者に対する免疫グロブリン製剤の短期サイトカイン効果の検証
    日本集中治療医学会雑誌 18:249-252, 2011
症例報告
  1. 澤村淳、菅野正寛、久保田信彦、上垣慎二、早川峰司、黒田敏、丸藤哲
    内因性のangiographically occult arteriovenous malformation破裂による脳内出血が原因と考えられた重症多発外傷の一症例
    日本救急医学会雑誌 22:62-69, 2011
  2. 那須裕也、松本譲、三浦巧、七戸俊明、田中栄一、平野聡、早川峰司、澤村淳、丸藤哲、近藤哲
    胃癌の脾転移による脾破裂の1例
    日本腹部救急医学会雑誌 31:677-680, 2011
  3. 澤村淳、久保田信彦、上垣慎二、早川峰司、鈴木友己、嶋村剛、丸藤哲
    敗血症が発症に関与したと考えられた生体肝移植術後posterior reversible encephalopathy syndrome(PRES)の3症例
    日本救急医学会雑誌 22:337-343, 2011
  4. 澤村淳、菅野正寛、久保田信彦、上垣慎二、早川峰司、渡邊昌也、丸藤哲
    水泳中に心室細動を発症したRomano-Ward症候群の一症例
    日本救急医学会雑誌 22:219-223, 2011

国際学会

シンポジウム
  1. Gando S.
    A strategy for the treatment of septic DIC
    ⅩⅩⅢ Congress of the International Society on Thrombosis and Haemostasis, July 2011, Kyoto
  2. Gando S.
    DIC in Trauma. -Scientific and Standarization Committee Educational Session.-
    ⅩⅩⅢ Congress of the International Society on Thrombosis and Haemostasis, July 2011, Kyoto
一般発表
  1. Hayakawa M, Mukai N, Asahara T, Ishitani T, Okamura A, Nomoto K, Gando S.
    Synbiotic therapy reduces the colonization of pseudomonas aeruginosa in the lower respiratory tract in patients on long term mechanical ventiration support.
    Society of Critical Care Medicine’s 40th critical care congress, January 2011, San Diego
  2. Wada T, Hayakawa M, Gando S.
    PR3-ANCA-associated microscopic polyangitis in a patient with sepsis.
    Society of Critical Care Medicine’s 40th critical care congress, January 2011, San Diego
  3. Uegaki S, Hayakawa M, Gando S.
    The relationship between steroid use and active cytomegalovirus (CMV) infection in critically ill patients.
    Society of Critical Care Medicine’s 40th critical care congress, January 2011, San Diego
  4. Gando S, Hayakawa M, Sawamura A, Kubota N, Uegaki S, Sugano M.
    Disseminated intravascular coagulation at an early phase of trauma continuously proceeds to DIC at a late phase of trauma.
    International Critical Care Congress2011, February 2011, New Delhi, India
  5. Wada T, Jesmin S, Zaedi S, Gando S.
    Time dependent alterations of VEGF and its signal in molecules in acute lung injury in a rat model of sepsis.
    24th European Society of Intensive Care Medicine Annual Congress, October 2011, Berlin
  6. Hayakawa M, Honma T, Yamamoto H, Mukai N, Sugano M, Kubota N, Uegaki S, Sawamura A, Gando S.
    Pharmacokinetics and pharmacodynamics of recombinant human soluble thrombomodulin in DIC patients with severe renal impairment.
    24th European Society of Intensive Care Medicine Annual Congress, October 2011, Berlin
  7. Uegaki S, Hayakawa M, Gando S.
    The risk factor for active cytomegalovirus infection in immunocompetent critically ill patients.
    24th European Society of Intensive Care Medicine Annual Congress, October 2011, Berlin
  8. Jesmin S, Wada T, Zaedi S, Suhana SN, Yamagushi Y, Iwashima A, Gando S.
    Time-dependent expression of endotheline-1 in lungs and the effects of TNF-α blocking peptide on entodhelin-1 levels in lungs in endotoxemic rat model.
    24th European Society of Intensive Care Medicine Annual Congress, October 2011, Berlin
  9. Gando S, Sawamura A, Hayakawa M, Sugano M, Uegaki S, Kubota N, Jesmin S.
    Low TAFI activity promotes organ dysfunction and poor progress in DIC associated with sepsis.
    Chest 2011, October 2011, Honolulu
  10. Hayakawa M, Sawamura A, Sugano M, Uegaki S, Kubota N, Gando S, Jesmin S.
    Thrombin-activated fibrinolysis inhibitor and organ dysfunction in DIC associated with sepsis.
    Sepsis 2011, October 2011, Bejing

全国学会

シンポジウム
  1. 山崎博彰、杉澤栄、氏家良人、丸藤哲、木下順弘、公文啓二、高山守正、田村高志、野口隆之、野々木宏、水谷太郎
    「集中治療における終末期患者家族ケア講座」開催とその意義
    第38回日本集中治療医学会学術集会 2011年2月 横浜
  2. 水谷太郎、氏家良人、丸藤哲、木下順弘、公文啓二、杉澤栄、高山守正、田村高志、野口方幸、野々木宏、山崎博彰
    終末期医療の情報収集と会員への共有化及び他学会との連携
    第38回日本集中治療医学会学術集会 2011年2月 横浜
  3. 早川峰司、村上博基、山本浩、三浪陽介、向井信貴、菅野正寛、平安山直美、久保田信彦、上垣慎二、鴨志田久子、澤村淳、石川岳彦、丸藤哲
    ARDSとDICを併発したsepsis症例に対する好中球エラスターゼ阻害薬Sivelestatの効果
    第38回日本集中治療医学会学術集会 2011年2月 横浜
  4. 澤村淳、菅野正寛、久保田信彦、上垣慎二、早川峰司、丸藤哲
    成人重傷呼吸器不全に対するECMO症例の当院での検討
    第38回日本集中治療医学会学術集会 2011年2月 横浜
  5. 早川峰司
    我が国の集中治療医とは・・・?
    第38回日本集中治療医学会学術集会 2011年2月 横浜
  6. 早川峰司、村上博基、山本浩、三浪陽介、平安山直美、向井信貴、上垣慎二、鴨志田久子、澤村淳、丸藤哲
    外傷直後の凝固障害の知見に関する混乱~プロテインCの活性化が原因か?~
    第25回日本外傷学会学術集会 2011年5月 堺
  7. 日本救急医学会SepsisRregistry特別委員会
    小倉裕司、丸藤哲、齋藤大蔵、藤島清太郎、真弓俊彦、相川直樹
    日本救急医学会sepsis registry特別委員会報告:severe sepsis症例登録と解析結果
    第39回日本救急医学会総会・学術集会 2011年10月 東京
  8. 日本救急医学会sepsis registry特別委員会
    藤島清太郎、丸藤哲、齋藤大蔵、真弓俊彦、久志本成樹、白石振一郎、小倉裕、田熊清継、小谷穣治、池田弘人、山下典雄
    日本救急医学会Sepsis Registry Basic版によるデータ収集と診療の質の評価
    第39回日本救急医学会総会・学術集会 2011年10月 東京
講演
  1. 早川峰司
    「救急DIC塾」敗血症性DICの病態
    第39回日本救急医学会総会・学術集会 2011年10月 東京
一般演題
  1. 上垣慎二、早川峰司、澤村淳、久保田信彦
    心原性の院外心肺停止患者に植え込まれたICDの作動状況の調査
    第38回日本集中治療医学会学術集会 2011年2月 横浜
  2. 山本浩、澤村淳、鴨志田久子、三浪陽介、平安山直美、菅野正寛、久保田信彦、上垣慎二、早川峰司、丸藤哲
    過去10年間で経験した急性リチウム中毒の7症例の検討
    第38回日本集中治療医学会学術集会 2011年2月 横浜
  3. 早川峰司、朝原崇、石谷利光、岡村篤、野本康二、丸藤哲
    シンバイオティクスは長期人工呼吸患者における下気道への緑膿菌の定着を減少させる
    第38回日本集中治療医学会学術集会 2011年2月 横浜
  4. 和田剛志、丸藤哲
    外傷患者におけるVEGF発現と凝固線溶反応
    第38回日本集中治療医学会学術集会 2011年2月 横浜
  5. 向井信貴、早川峰司、上垣慎二、澤村淳、丸藤哲
    急性胆管炎によるカテコラミン不応性の敗血症ショックに対してPCPS・IABPを用いて救命し得た一例
    第47回腹部救急医学会 2011年8月 福岡
  6. 和田剛志、サブリナ・ジェスミン、横田裕行、丸藤哲
    外傷患者における血管新生関連因子と凝固線溶反応
    第39回日本救急医学会総会・学術集会 2011年10月 東京
  7. 早川峰司、山本浩、本間多恵子、向井信貴、東山明日美、菅野正寛、久保田信彦、上垣慎二、澤村淳、丸藤哲
    急性腎不全を伴ったDIC患者におけるリコモジュリンのPK/PD
    第39回日本救急医学会総会・学術集会 2011年10月 東京
  8. 澤村淳、本間慶憲、東山明日美、山本浩、本間多恵子、向井信貴、菅野正寛、久保田信彦、上垣慎二、早川峰司、丸藤哲
    外傷重症呼吸不全に対してextrracorporeal membrane oxygenator (ECMO) 導入が奏功した2症例
    第39回日本救急医学会総会・学術集会 2011年10月 東京

地方会

講演
  1. 丸藤哲:救急医療と災害医療
    第26回北海道臨床歯科麻酔学会 2011年6月
  2. 早川峰司:好中球エラスターゼ阻害薬SivelestatはARDSに効くのか?
    中部救急医学会地方会 2011年11月 松本
一般演題
  1. 向井信貴、上垣慎二、平安山直美、本間慶憲、東山明日美、山本浩、本間多恵子、菅野正寛、久保田信彦、早川峰司、澤村淳、丸藤哲
    全身性皮膚潰瘍・敗血症性ショック・DIC治療中に診断された皮膚T細胞性リンパ腫の1例
    日本集中治療医学会第20回北海道地方会 2011年10月 札幌
  2. 早川峰司、本間慶憲、東山明日美、本間多恵子、山本浩、向井信貴、菅野正寛、久保田信彦、上垣慎二、石川岳彦、丸藤哲
    急性腎不全を伴ったDIC患者におけるリコモジュリンのPK/PD
    日本集中治療医学会第20回北海道地方会 2011年10月 札幌
  3. 本間慶憲、加藤裕貴、丸藤哲、澤村淳、石川岳彦、早川峰司、上垣慎二、久保田信彦、菅野正寛、向井信貴、山本浩、本間多恵子、東山明日美
    当施設における劇症型心筋炎の治療成績
    日本集中治療医学会第20回北海道地方会 2011年10月 札幌
  4. 東山明日美、久保田信彦、本間慶憲、山本浩、向井信貴、本間多恵子、菅野正寛、上垣慎二、早川峰司、澤村淳、丸藤哲
    肝損傷後生じた肝不全による免疫不全の1例~新しい免疫モニタリングとしてのImmuKnow®測定~
    日本集中治療医学会第20回北海道地方会 2011年10月 札幌
  5. 本間多恵子、本間慶、東山明日美、山本浩、向井信貴、菅野正寛、久保田信彦、上垣慎二、早川峰司、澤村淳、丸藤哲
    高所からの転落による肝動脈損傷の1例
    第35回北海道救急医学会学術集会 2011年10月 旭川
  6. 山本浩、早川峰司、本間多恵子、向井信貴、本間慶憲、東山明日美、菅野正寛、久保田信彦、上垣慎二、石川岳彦、澤村淳、丸藤哲
    手術所見により診断された外傷性基底核出血の1症例
    第35回北海道救急医学会学術集会 2011年10月 旭川
  7. 向井信貴、澤村淳、本間慶憲、東山明日美、山本浩、本間多恵子、菅野正寛、久保田信彦、上垣慎二、早川峰司、丸藤哲
    ネイルガンによる穿通性頭部・腹部外傷の1例
    第35回北海道救急医学会学術集会 2011年10月 旭川
  8. 早川峰司、丸藤哲、水野浩利、浅井康文、七戸康夫、高橋功、牧瀬博
    救急隊によるアドレナリン投与は予後を改善するか?
    第35回北海道救急医学会学術集会 2011年10月 旭川
  9. 山本浩、上垣慎二、早川峰司、澤村淳、岩嵜大輔、山尾健、山本有平、丸藤哲
    地域基幹病院と連携し救命し得た広範囲熱傷の1症例
    第18回日本熱傷学会北海道地方会 2011年11月 札幌

その他の依頼講演

  1. 丸藤哲:外傷性DICの病態と抗線溶薬
    日本DIC研究会 2011年1月 東京
  2. 丸藤哲:ALI/ARDSとSIRS/DIC
    東京女子医大麻酔・循環器講演会 2011年1月 東京
  3. 丸藤哲:ALI/ARDSとSIRS/DIC
    サイトカインストーム研究会 2011年2月 宇都宮
  4. 早川峰司:好中球エラスターゼ阻害薬SivelestatはARDSに効くのか?
    麻酔科学ウインターセミナー モーニングセミナー 2011年2月 ニセコ
  5. 丸藤哲:凝固炎症反応連関から見たDICの考え方と治療
    札幌リコモジュリン学術講演会 2011年3月 札幌
  6. 早川峰司:外傷直後の凝固障害&CHDF施行中のPK/PD
    若シャチ会(名古屋市立病院麻酔研究会) 2011年5月 名古屋
  7. 丸藤哲:集中治療における終末期医療の実際
    終末期医療における臨床倫理問題に関する教育倫理講座 2011年6月 東京
  8. 丸藤哲:凝固線溶系からみたALI/ARDSの診断と治療
    秋田DIC研究会 2011年7月 秋田
  9. 丸藤哲:凝固線溶からみたALI/ARDS
    第5回久留米呼吸管理セミナー 2011年8月 久留米
  10. 丸藤哲:DICの新しい考え方
    第8回岩手DIC研究会 2011年9月 盛岡
  11. 丸藤哲:災害医療と災害医学
    第12回札幌南部救急医療フォーラム 2011年10月 札幌
  12. 丸藤哲:災害医療と災害医学-東日本大震災支援-
    北海道大学薬学部生涯教育特別講座秋季講演会 2011年10月 札幌
  13. 丸藤哲:DICの新しい概念・診断・治療
    リコモジュリン学術講演会 2011年11月 函館
  14. 丸藤哲:SIRS/Sepsisの定義・病態・診断・治療
    第1回家畜感染症学会学術集会教育講演 2011年11月 札幌

司会・座長

  1. 丸藤哲:司会 合同シンポジウム1「終末期医療2011」
    第38回日本集中治療医学会学術集会 2011年2月 横浜
  2. 丸藤哲:司会「重症セプシスの新規薬物療法」
    第14回日本臨床救急医学会総会・学術集会 2011年6月 札幌
  3. 石川岳彦:座長 「Ⅸ. 消化管・肝」
    日本集中治療医学会第20回北海道地方会 2011年10月 札幌
  4. 丸藤哲:司会 教育セミナー6「敗血症病態の早期重症度評価と治療戦略-標準化治療からテーラーメード治療まで-」
    第39回日本救急医学会総会・学術集会 2011年10月 東京
  5. 丸藤哲:司会 「救急DIC塾」
    第39回日本救急医学会総会・学術集会 2011年10月 東京
  6. 澤村淳:座長 「中枢神経Ⅰ」
    第39回日本救急医学会総会・学術集会 2011年10月 東京