先進急性期医療センター ホーム > 業績紹介 > 2012年の業績

業績紹介

2012年の業績

著書(和文)

  1. 丸藤哲:救急救命士標準テキスト
    救急救命士標準テキスト 編集委員会編
    血液・免疫系疾患 pp80-87、2012、へるす出版、東京
  2. 早川峰司:III 栄養輸液の基本 1. 栄養輸液はどんなときに必要?
    輸液のコツとポイント:124-128、2012、文光堂

綜説・解説(和文)

  1. 早川峰司、丸藤哲:急性期DIC診断基準
    救急医学 36:1289-1291, 2012
  2. 和田剛志、丸藤哲:Surviving Sepsis Campaign SSCG2008からさらなる改訂へ
    救急集中治療 24:9-10, 1015-1019, 2012
  3. 早川峰司:【G2010 を読み解く】病院前での二次救急処置
    救急医療ジャーナル 13:17-20, 2012, プラネット, 東京
  4. 早川峰司、丸藤哲:急性期の処置と治療 輸液と輸血
    救急・集中治療医学レビュー 92-97, 2012, 総合医学社, 東京
  5. 早川峰司:sepsisの急性期治療 輸液療法 アルブミン製剤をどう使う?
    救急・集中治療 24:1115-1120, 2012, 総合医学社, 東京
  6. 澤村淳:輸血関連急性肺障害(TRALI)の診断と治療指針
    救急・集中治療最新ガイドライン2012-13, 194-195, 2012, 総合医学社, 東京

綜説・解説(英文)

  1. Gando S
    The utility of a diagnostic scoring system for disseminated intravascular coagulation.
    Critical Care Clinics 28:373-388, 2012
    doi: 10.1016/j.ccc.2012.04.004.
  2. Gando S, Wada T, Kim HK, Kurosawa S, Nielsen JD, Thachil J, Toh CH.
    Comparison of disseminated intravascular coagulation in trauma with coagulopathy of trauma/acute coagulopathy of trauma-shock.
    Journal of Thrombosis and Haemostasis 10:2593-2595, 2012

原著(和文)

  1. 中橋奨、早川峰司、方波見謙一、和田剛志、澤村淳、石川岳彦、丸藤哲
    急性呼吸不全患者に対するintrapulmonary percussive ventilationの効果
    日本集中治療医学会雑誌 19:191-196, 2012

原著(英文)

  1. Hayakawa M, Sawamura A, Gando S, Jesmin S, Naito S, Ieko M.
    A low TAFI activity and insufficient activation of fibrinolysis by both plasmin and neutrophil elastase promote organ dysfunction in disseminated intravascular coagulation associated with sepsis.
    Thrombosis Resesrch 130:906-913, 2012
    doi: 10.1016/j.thromres.2012.01.015.
  2. Jesmin S, Zaedi S, Islam AM, Sultana SN, Iwashima Y, Wada T, Yamaguchi N, Hiroe M, Gando S.
    Time-dependent alterations of VEGF and its signaling molecules in acute lung injury in a rat model of sepsis.
    Inflammation 35:484-500, 2012
    doi: 10.1007/s10753-011-9337-1
  3. Hayakawa M, Asahara T, Henzan N, Murakami H, Yamamoto H, Mukai N, Minami Y, Sugano M, Kubota N, Uegaki S, Kamoshida H, Sawamura A, Nomoto K, Gando S.
    Dramatic changes of the gut flora immediately after severe and sudden insults.
    Digestive Diseases and Sciences 56:2361-2365, 2012
    doi: 10.1007/s10620-011-1649-3.
  4. Murakami H, Gando S, Hayakawa M, Sawamura A, Sugano M, Kubota N, Uegaki S, Jesmin S.
    Disseminated intravascular coagulation (DIC) at an early phase of trauma continuously proceeds to DIC at a late phase of trauma.
    Clinical and Applied Thrombosis/Hemostasis 18:364-369, 2012
    doi: 10.1177/1076029611426138.
  5. Wada T, Jesmin S, Gando S, Yanagida Y, Mizugaki A, Sultana SN, Zaedi S, Yokota H.
    Angiogenic factors and their soluble receptors predict organ dysfunction and mortality in post-cardiac arrest syndrome (PCAS).
    Critical Care 16:R171, 2012
    doi: 10.1186/cc11648
  6. Wada T, Jesmin S, Gando S, Sultana SN, Zaedi S, Yokota H.
    Using angiogenic factors and their soluble receptors to predict organ dysfunction in patients with disseminated intravascular coagulation associated with severe trauma.
    Critical Care 16:R63, 2012
    doi: 10.1186/cc11309

症例報告(和文)

  1. 三浪陽介、菅野正寛、上垣慎二、久保田信彦、早川峰司、澤村淳、丸藤哲
    ヒドロキソコバラミン投与で治療したシアン中毒の1例
    日本集中治療医学会雑誌 19:219-223, 2012
  2. 三浪陽介、伊藤伸大、渡部亮、山根夏央、丸藤哲
    腹膜粘液腫に対して5%ブドウ糖液による腹腔内洗浄後に高血糖と低Na血症を来した1症例
    麻酔 61:1133-1136, 2012

国際学会

依頼講演
  1. Gando S.
    DIC and COT/ACOTS in Trauma
    International Society on Thrombosis and Haemostasis
    Scientific and Standardization Committee, June 2012, Liverpool
一般発表
  1. Hayakawa M, Higashiyama A, Gando S, Mizuno H, Asai Y, Takahashi I, Shichinose Y, Makise H.
    The effects of epinephrine administration before arrival at the hospital in out- of- hospital cardiac arrest patients.
    The 41st Critical Care Congress, February 2012, Houston
  2. Wada T, Jesmin S, Gando S, Sultana SN, Zaedi S, Yokota H.
    Angiogenic factors and their solube receptors to predict organ dysfunction in patients with DIC associated with severe trauma.
    The 32nd International Symposium on Intensive Care and Emergency Medicine, March 2012, Brussel
  3. Wada T, Jesmin S, Yanagida Y, Terashima T, Gando S.
    Angiogenic factors and their soluble receptors for predicting organ dysfunction in disseminated intravascular coagulation associated with sepsis.
    15th WFSA World Conguress of Anaesthesiologists, March 2012, Buenos Aires
  4. Fujishima S, Gando S, Saitoh D, Mayumi T, Kushimoto S, Shiraishi S, Ogura H, Takuma K, Kotani J, Ikeda H, Yamashita N, Suzuki K, Tsuruta R, Takeyama N, Araki T, Suzuki Y, Miki Y, Aikawa N, Yamaguchi Y.
    Japanese Association for Acute Medicine Sepsis Registry Special Committee.
    Quality of care and mortality of severe sepsis and septic shock in Japan.
    American Thoracic Society 2012 International Conference, May 2012, San Francisco
  5. Wada T, Gando S, Yanagida Y, Uegaki S, Kubota N, Hayakawa M, Sawamura A, Jesmin S.
    Elastase-mediated fibrinolysis in disseminated intravascular coagulation (DIC) associated with sepsis.
    22nd International Congress on Thrombosis, October 2012, Nice
  6. Sawamura A, Yanagida Y, Homma Y, Yamamoto H, Yoshida T, Homma T, Kubota N, Uegaki S, Hayakawa M, Gando S.
    Posterior reversible encephalopathy syndrome (PRES) after liver transplantation: A study of seven cases.
    25rd European Society of Intensive Care Medicine Annual Congress, October 2012, Lisbon

全国学会

教育講演
  1. 丸藤哲
    教育講演-集中治療に必要な凝固線溶系の知識-
    第39回日本集中治療医学会学術集会 2012年2月 千葉
  2. 丸藤哲
    急性期DIC診断基準を予後の関連性
    第112回日本外科学会定期学術集会 2012年4月 千葉
  3. 丸藤哲
    感染症DICの病態、診断、治療
    第27回日本SHOCK学会 2012年5月 東京
  4. 丸藤哲
    一酸化炭素中毒と高気圧酸素療法
    第47回日本高気圧環境・潜水医学会学術総会 2012年11月 札幌
教育セミナー
  1. 丸藤哲
    急性期DIC診断基準10年の歩み―世界的診断基準としての考え方と臨床応用を学ぶ―
    第40回日本救急医学会総会・学術集会 2012年11月 京都
シンポジウム
  1. 早川峰司、丸藤哲
    外傷直後の凝固障害の知見に関する混乱―プロテインC活性化が原因か?―
    第6回日本血栓止血学会学術標準化委員会 2012年1月 東京
  2. 早川峰司
    救急・集中治療領域における recombinant Thrombomodulin 療法
    第35回日本血栓止血学会学術集会 2012年6月 山形
ランチョンセミナー
  1. 早川峰司
    ARDSにおける好中球エラスターゼとDIC
    第39回日本集中治療医学会 2012年4月 千葉
一般演題
  1. 和田剛志、ジェスミン・サブリナ、横田裕行、丸藤哲
    外傷性DIC病態における血管新圧関連因子の関与
    第16回エンドトキシン血症救命治療研究会 2012年1月 東京
  2. 上垣慎二、早川峰司、丸藤哲
    子癇発作から片側のPRESを呈したSTA-MCAバイパス術後妊婦の一症例
    第39回日本集中治療医学会学術集会 2012年2月 千葉
  3. 久保田信彦、東山明日美、本間慶憲、山本浩、向井信貴、本間多恵子、菅野正寛、上垣慎二、早川峰司、澤村淳、丸藤哲
    肝損傷後肝不全から免疫不全をきたした1症例 -Treg測定とImmune Cell Function Assayによる免疫活性評価-
    第39回日本集中治療医学会学術集会 2012年2月 千葉
  4. 和田剛志、早川峰司、ジェスミン・サブリナ、丸藤哲、横田裕行
    外傷における好中球エラスターゼによるフィブリン分解
    第26回日本外傷学会総会・学術集会 2012年5月 東京
  5. 早川峰司、丸藤哲
    組織因子投与DICモデルにおける線溶動態の検証
    第26回日本外傷学会総会・学術集会 2012年5月 東京
  6. 早川峰司、朝倉英策、家子政裕、丸藤哲
    組織因子投与DICモデルにおける線溶動態の検証
    第34回日本血栓止血学会学術集会 2012年6月 東京
  7. 清水隆文、高橋功、奈良理、森下由香、大西新介、内藤祐貴、大城あき子、森和久、丸藤哲、牧瀬博
    ドクターヘリが出動したCPA症例に対する有効性の検討
    第40回日本救急医学会総会・学術集会 2012年11月 京都
  8. 白石振一郎、丸藤哲、田熊清継、荒木恒敏、池田弘人、齋藤大蔵、藤島清太郎、小倉裕司、久志本成樹、小谷穣治、鈴木幸一郎、鈴木泰、武山直志、鶴田良介、真弓俊彦、三木靖雄、山下典雄、山口芳裕、相川直樹
    敗血症患者における血液・巣培養結果と重症度の関係についての検討-日本救急医学会Sepsis Registry 527 例の解析-
    第40回日本救急医学会総会・学術集会 2012年11月 京都
  9. 本間多恵子、本間慶憲、山本浩、柳田雄一郎、上垣慎二、久保田信彦、早川峰司、澤村淳、石川岳彦、丸藤哲、森本裕二
    過去5年間の一酸化中毒症例の臨床検討
    第40回日本救急医学会総会・学術集会 2012年11月 京都
  10. 樽井武彦、山口芳裕、相川直樹、鈴木幸一郎、前田良介、丸藤哲
    Severe sepsisの早期予後予測指標の検討-septic shockと比較して:日本救急医学会Sepsis Registryのサブ解析-
    第40回日本救急医学会総会・学術集会 2012年11月 京都
  11. 柳田雄一郎、本間慶憲、山本浩、本間多恵子、久保田信彦、上垣慎二、早川峰司、澤村淳、丸藤哲
    三次救急医療施設における院外敗血症症例の臨床的検討
    第40回日本救急医学会総会・学術集会 2012年11月 京都
  12. 澤村淳、柳田雄一郎、本間慶憲、山本浩、本間多恵子、久保田信彦、上垣慎二、早川峰司、丸藤哲
    肝移植手術後に発症したPosterior reversible encephalopathy syndrome(PRES)7症例の検討
    第40回日本救急医学会総会・学術集会 2012年11月 京都
  13. 山下典雄、相川直樹、丸藤哲、山口芳裕、齋藤大蔵、荒木恒敏、池田弘人、小倉裕司、久志本成樹、小谷穣治、白石振一郎、鈴木幸一郎、鈴木泰、田熊清継、武山直志、樽井武彦、鶴田良介、藤島清太郎、真弓俊彦、三木靖雄
    敗血症患者におけるBody Mass Index(BMI)の影響-日本救急医学会Sepsis Registry 535例の解析-
    第40回日本救急医学会総会・学術集会 2012年11月 京都
  14. 久保田信彦、本間慶憲、山本浩、本間多恵子、柳田雄一郎、上垣慎二、早川峰司、澤村淳、丸藤哲
    重症患者における生体反応としての細胞性免疫能
    第40回日本救急医学会総会・学術集会 2012年11月 京都
  15. ジェスミン・サブリナ、和田剛志、丸藤哲
    ALI/ARDSにおける新治療標的としてのVEGF-LPS誘発ラットALI/ARDSモデルでの検討
    第40回日本救急医学会総会・学術集会 2012年11月 京都
  16. 丸藤哲、齋藤大蔵、藤島清太郎、真弓俊彦、小倉裕司、荒木恒敏、池田弘人、久志本成樹、小谷穣治、白石振一郎、鈴木幸一郎、鈴木泰、武山直志、田熊清継、鶴田良介、三木靖雄、山下典雄、山口芳裕、相川直樹
    日本救急医学会Sepsis Registry特別委員会報告
    第40回日本救急医学会総会・学術集会 2012年11月 京都
  17. 藤島清太郎、丸藤哲、齋藤大蔵、鈴木泰、真弓俊彦、三木靖雄、山口芳裕、相川直樹
    JAAMSR Basic 症例登録結果から見る我が国の敗血症診療の実態
    第40回日本救急医学会総会・学術集会 2012年11月 京都
  18. 小倉裕司、丸藤哲、齋藤大蔵、武山直志、久志本成樹、山口芳裕、相川直樹
    JAAMSR多施設共同前向き調査研究:Severe sepsis疫学データ解析結果
    第40回日本救急医学会総会・学術集会 2012年11月 京都
  19. 丸藤哲、小倉裕司、齋藤大蔵、武山直志、久志本成樹、山口芳裕、相川直樹
    JAAMSR多施設共同前向き調査研究:急性期DIC診断基準データ解析
    第40回日本救急医学会総会・学術集会 2012年11月 京都
  20. 小谷穣治、齋藤大蔵、鈴木幸一郎、山下典雄、鶴田良介、丸藤哲、山口芳裕、相川直樹
    JAAMSR多施設共同前向き調査研究:Severe sepsis治療データ解析結果
    第40回日本救急医学会総会・学術集会 2012年11月 京都
  21. 田熊清継、齋藤大蔵、藤島清太郎、荒木恒敏、池田弘人、白石振一郎、丸藤哲、山口芳裕、相川直樹
    JAAMSR多施設共同前向き調査研究:Severe sepsis感染/病原微生物の解析結果
    第40回日本救急医学会総会・学術集会 2012年11月 京都
  22. 久志本成樹、丸藤哲、齋藤大蔵、山口芳裕、相川直樹
    重症敗血症における体温は重症度と転帰に関連する
    第40回日本救急医学会総会・学術集会 2012年11月 京都
  23. 丸藤哲、池田寿昭、石倉宏恭、射場敏明、上山昌史、江口豊、大友康裕、岡本好司、小倉裕司、織田成人、久志本成樹、小関一英、齋藤大蔵、坂本雄一郎、高山泰広、丹正勝久、真弓俊彦、遠藤重厚
    日本救急医学会DIC委員会第三次多施設共同前向き危険結果報告-急性期DIC診断基準で診断されたDICに対するアンチトロビンの効果
    第40回日本救急医学会総会・学術集会 2012年11月 京都
  24. 澤村淳、柳田雄一郎、久保田信彦、上垣慎二、早川峰司、秋沢宏次、山田武宏、石黒信久、丸藤哲
    当院先進急性期医療センターにおける methicillin resistant Staphylococcus aureus (MRSA) の発現推移とその対策
    第3回MRSAフォーラム 2012年7月 東京

地方会

一般演題
  1. 本間多恵子、本間慶憲、吉田知由、柳田雄一郎、上垣慎二、久保田信彦、早川峰司、澤村淳、丸藤哲
    急激な経過で凝固系の亢進をきたしたと考えられる熱中症患者の1例
    第21回日本集中治療医学会北海道地方会 2012年10月 帯広
  2. 本間慶憲、上垣慎二、吉田知由、小野雄一、本間多恵子、柳田雄一郎、久保田信彦、早川峰司、澤村淳、丸藤哲
    肺炎球菌肺炎後、消化管粘膜障害を来した血栓性微小血管性障害症を合併した一症例
    第21回日本集中治療医学会北海道地方会 2012年10月 帯広
  3. 早川峰司、本間慶憲、山本浩、本間多恵子、柳田雄一郎、久保田信彦、上垣慎二、澤村淳、石川岳彦、丸藤哲、安本篤史、家子正裕
    後天性血友病Aと北海道後天性血友病診療ネットワーク
    第21回日本集中治療医学会北海道地方会 2012年10月 帯広
  4. 吉田知由、本間慶憲、本間多恵子、小野雄一、山本浩、柳田雄一郎、上垣慎二、久保田信彦、早川峰司、澤村淳、丸藤哲
    減圧開腹後45日の開腹創管理の後閉腹に成功した一例
    第21回日本集中治療医学会北海道地方会 2012年10月 帯広
  5. 吉田知由、本間慶憲、本間多恵子、小野雄一、山本浩、柳田雄一郎、上垣慎二、久保田信彦、早川峰司、澤村淳、丸藤哲
    小児脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血の1例
    第36回北海道救急医学会学術集会 2012年10月 札幌
  6. 本間多恵子、本間慶憲、吉田知由、柳田雄一郎、上垣慎二、久保田信彦、早川峰司、澤村淳、丸藤哲
    当院における過去10年間の一酸化炭素中毒患者についての検討
    第36回北海道救急医学会学術集会 2012年10月 札幌
  7. 本間慶憲、上垣慎二、吉田知由、小野雄一、本間多恵子、柳田雄一郎、久保田信彦、早川峰司、澤村淳、丸藤哲
    肺炎球菌肺炎による敗血症ショックおよび心外膜炎、膿胸を合併した1症例
    第36回北海道救急医学会学術集会 2012年10月 札幌
  8. 柳田雄一郎、本間慶憲、山本浩、本間多恵子、上垣慎二、久保田信彦、早川峰司、澤村淳、丸藤哲
    三次救急医療施設における院外敗血症症例の臨床的検証
    第36回北海道救急医学会学術集会 2012年10月 札幌
  9. 早川峰司、佐藤朝之、伊藤幹
    心停止症例に対するドクターカー要請基準
    第36回北海道救急医学会学術集会 2012年10月 札幌

司会・座長

司会
  1. 丸藤哲:AED
    第15回日本臨床救急医学会総会・学術集会 2012年6月 熊本

講演

  1. 丸藤哲:外傷後DICとCOT/ACOTS
    第12回日本DIC研究会 2012年3月 東京
  2. 丸藤哲:わかりやすいDICの診断と治療
    九州DIC講演会 2012月7月 福岡
  3. 丸藤哲:災害治療と災害医学-東日本大震災支援-
    第17回札幌感染管理研究会 2012年7月 札幌
  4. 丸藤哲:DICの概念・診断・治療-リコモジュリンの可能性-
    釧路DIC治療学術講演会 2012年7月 釧路
  5. 丸藤哲:敗血症性DICの考え方と診断・治療-リコモジュリンの可能性-
    リコモジュリン学術講演会 2012年9月 滝川
  6. 丸藤哲:敗血症性DICの考え方と診断・治療-リコモジュリンの可能性-
    DIC治療講演会 2012年9月 弘前
  7. 丸藤哲:終末期医療における臨床倫理問題に関する教育講座
    終末期医療ガイドライン 2012年10月 東京
  8. 丸藤哲:新しいDICの考え方と診断・治療-リコモジュリンの可能性-
    第2回浜松感染性DIC講演会 2012年11月 浜松
  9. 早川峰司:敗血症に伴うDICの病態と治療
    長岡DIC研究会 2012年5月 長岡市
  10. 早川峰司:DICの病態と治療 ~シンプルな理解のために~
    東三河DICセミナー 2012年11月 豊橋市
  11. 早川峰司:外傷直後の凝固障害の知見に関する混乱~トロンボモジュリンによるプロテインCの活性化が原因か?~
    DIC update in Osaka 2012月12月 大阪市

その他(和文)

  1. 丸藤哲
    救急医学と血栓止血学
    救急医学と血栓止血学 23:309-310, 2012
  2. 丸藤哲
    一酸化炭素中毒と高気圧酸素療法
    一酸化炭素中毒と高気圧酸素療法 47:145, 2012

その他(英文)

  1. Gando S.
    The SISET incorrectly cited the JAAM DIC scoring system.
    Thrombosis Research 129:660, 2012
    doi: 10.1016/j.thromres.2011.12.01