先進急性期医療センター ホーム > 業績紹介 > 2013年の業績

業績紹介

2013年の業績

著書

  1. 丸藤哲:血小板・凝固線溶系管理
    日本集中治療医学会 編
    集中治療専門医テキスト p596-613、2013、総合医学社 東京
  2. 小野雄一、丸藤哲:ショック-救急検査指針-
    日本救急検査技師認定機構テキスト編集委員会 編
    救急検査認定技師テキスト p75-78、2013、へるす出版 東京
  3. 丸藤哲:血液凝固・線溶系の管理 標準救急医学
    日本救急医学会 監修
    標準救急医学(第5版) p272-280、2013、医学書院
  4. 早川峰司:外傷急性期における至適な輸血療法は?
    讃井將満 編
    臨床に直結する集中治療のエビデンス 464-472、2013、文光堂 東京
  5. 早川峰司:敗血症の病態とメカニズム
    敗血症の診断/治療の実情と病態・メカニズムをふまえた開発戦略 3-8、2013、技術情報協会 東京
  6. 早川峰司:外傷とDIC
    朝倉英策 編著
    臨床に直結する血栓止血学 196-199、2013、中外医学社 東京
  7. 早川峰司:熱中症とDIC
    朝倉英策 編著
    臨床に直結する血栓止血学 217-220、2013、中外医学社 東京

編集

  1. 丸藤哲:Surviving Sepsis Campaign Guidelines 2012
    救急医学 2013年37巻11号 へるす出版

綜説・解説(和文)

  1. 丸藤哲:急性期DIC診断基準10年の歩み-世界的診断基準としての考え方と臨床応用を学ぶ-
    Thrombosis Medicine 3:90-93, 2013
  2. 小野雄一、丸藤哲:輸液・輸血療法-敗血症-
    救急医学 13:1730-1733, 2013
  3. 早川峰司、丸藤哲:DIC診断基準の過去・現在・未来
    Coagulation and Inflammation 7:1-6, 2013
  4. 早川峰司:トラネキサム酸
    救急医学 37:575-79, 2013

綜説・解説(英文)

  1. Gando S, Wada H, Thachil J.
    Differentiating disseminated intravascular coagulation (DIC) with the fibrinolytic phenotype from coagulopathy of trauma and acute coagulopathy of trauma-shock (COT/ACOTS).
    Journal of Thrombosis and Haemostasis 11:826-835, 2013
  2. Gando S.
    Role of fibrinolysis in sepsis.
    Seminars in Thrombosis and Hemostasis 39:392-399, 2013
  3. Wada H, Thachil J, Di Nisio M, Mathew P, Kurosawa S, Gando S, Kim HK, Nielsen JD, Dempfle CE, Levi M, Toh CH.
    Guidance for diagnosis and treatment of DIC from harmonization of the Recommendations from three guidelines.
    Journal of Thrombosis and Haemostasis 11:761-767, 2013

原著(和文)

  1. 丸藤哲、齋藤大蔵、石倉宏恭、上山昌史、大友康裕、織田成人、久志本成樹、舟正勝久、真弓俊彦、池田寿昭、射場敏明、江口豊、岡本好司、小倉裕司、小関一英、阪本雄一郎、高山泰広、遠藤重厚
    第三次多施設共同前向き試験結果報告-急性期DIC診断基準で診断された敗血症性DICに対するアンチトロンビンの効果-
    日本救急医学会雑誌 24:105-113, 2013
  2. 丸藤哲、荒木恒敏、池田弘人、小倉裕司、久志本成樹、小谷譲治、齋藤大蔵、白石振一郎、鈴木幸一郎、鈴木泰、田熊清継、武山直志、鶴田良介、藤島清太郎、真弓俊彦、三木靖雄、山下典雄、山口芳裕、相川直樹
    Sepsis Registryの概要
    日本救急医学会雑誌 24:247-262, 2013
  3. 藤島清太郎、丸藤哲、齋藤大蔵、真弓俊彦、久志本成樹、白石振一郎、小倉裕司、田熊清継、小谷譲治、池田弘人、山下典雄、鈴木幸一郎、鶴田良介、武山直志、荒木恒敏、鈴木泰、三木靖雄、山口芳裕、相川直樹
    Severe sepsisに対する診療の質と死亡率の検証
    日本救急医学会雑誌 24:263-269, 2013
  4. 小倉裕司、丸藤哲、齋藤大蔵、武山直志、久志本成樹、藤島清太郎、真弓俊彦、荒木恒敏、池田弘人、小谷譲治、白石振一郎、鈴木幸一郎、鈴木泰、田熊清継、鶴田良介、三木靖雄、山口芳裕、山下典雄、相川直樹
    Severe sepsis疫学データ解析結果
    日本救急医学会雑誌 24:270-277, 2013
  5. 丸藤哲、齋藤大蔵、小倉裕司、久志本成樹、武山直志、荒木恒敏、池田弘人、小谷譲治、白石振一郎、鈴木幸一郎、鈴木泰、田熊清継、鶴田良介、藤島清太郎、真弓俊彦、三木靖雄、山下典雄、山口芳裕、相川直樹
    Severe sepsisにおける急性期DIC診断基準の検証
    日本救急医学会雑誌 24:278-282, 2013
  6. 田熊清継、藤島清太郎、齋藤大蔵、白石振一郎、池田弘人、荒木恒敏、小倉裕司、久志本成樹、小谷譲治、鈴木幸一郎、鈴木泰、武山直志、鶴田良介、真弓俊彦、三木靖雄、山下典雄、丸藤哲、山口芳裕、相川直樹
    Severe sepsis症例からの分離菌の検討
    日本救急医学会雑誌 24:283-290, 2013
  7. 小谷譲治、齋藤大蔵、丸藤哲、鈴木幸一郎、鶴田良介、山下典雄、荒木恒敏、池田弘人、小倉裕司、白石振一郎、鈴木泰、田熊清継、武山直志、藤島清太郎、真弓俊彦、三木靖雄、相川直樹
    Severe sepsis治療データ解析結果
    日本救急医学会雑誌 24:291-296, 2013
  8. 久志本成樹、丸藤哲、齋藤大蔵、真弓俊彦、荒木恒敏、池田弘人、小倉裕司、小谷譲治、白石振一郎、鈴木幸一郎、鈴木泰、田熊清継、武山直志、鶴田良介、藤島清太郎、三木靖雄、山下典雄、山口芳裕、相川直樹
    Severe sepsisにおける体温は重症度と転帰に関連する
    日本救急医学会雑誌 24:297-304, 2013
  9. 山下典雄、丸藤哲、齋藤大蔵、荒木恒敏、池田弘人、小倉裕司、久志本成樹、小谷譲治、白石振一郎、鈴木幸一郎、鈴木泰、田熊清継、武山直志、鶴田良介、藤島清太郎、真弓俊彦、三木靖雄、山口芳裕、相川直樹
    Severe sepsis患者におけるBody Mass Index (BMI)の影響-日本救急医学会Sepsis Registry 535例の解析-
    日本救急医学会雑誌 24:305-309, 2013
  10. 白石振一郎、丸藤哲、田熊清継、荒木恒敏、池田弘人、齋藤大蔵、藤島清太郎、小倉裕司、久志本成樹、小谷譲治、鈴木幸一郎、鈴木泰、武山直志、鈴木幸一郎、真弓俊彦、三木靖雄、山下典雄、山口芳裕、相川直樹
    肺炎・膿胸によるsevere sepsisの血液・巣培養結果と重症度の関係についての検討
    日本救急医学会雑誌 24:310-314, 2013
  11. 樽井武彦、山口芳裕、鈴木幸一郎、鶴田良介、丸藤哲、荒木恒敏、池田弘人、小倉裕司、久志本成樹、小谷譲治、齋藤大蔵、白石振一郎、鈴木泰、田熊清継、武山直志、藤島清太郎、真弓俊彦、三木靖雄、山下典雄、相川直樹
    Severe sepsisの早期予後予測指標の検討-septic shockと比較して-
    日本救急医学会雑誌 24:315-319, 2013

原著(英文)

  1. Jesmin S, Wada T, Gando S, Sultana SS, Zaedi S.
    The dynamics of angiogenic factors and their soluble receptors in relation to organ dysfunction in disseminated intravascular coagulation associated with sepsis.
    Inflammation 36:186-196, 2013
    doi: 10.1007/s10753-012-9534-6.
  2. Hayakawa M, Gando S, Ieko M, Honma Y, Homma T, Yanagida Y, Kubota N, Uegaki S, Sawamura A, Asakura H.
    Massive amounts of tissue factor induce fibrinogenolysis without tissue hypoperfusion in rats.
    Shock 39:514-519, 2013
  3. Gando S, Saitoh D, Ogura H, Fujishima S, Mayumi T, Araki T, Ikeda H, Kotani J, Kushimoto S, Miki Y, Shiraishi SI, Suzuki K, Suzuki Y, Takeyama N, Takuma K, Tsuruta R, Yamaguchi Y, Yamashita N, Aikawa N.
    A multicenter, prospective validation study of the Japanese Association for Acute Medicine disseminated intravascular coagulation scoring system in patients with severe sepsis.
    Critical Care 17:R111, 2013
  4. Yanagida Y, Gando S, Sawamura A, Hayakawa M, Uegaki S, Kubota N, Homma T, Ono Y, Honma Y, Wada T, Jesmin S.
    Normal prothrombinase activity, increased systemic thrombin activity, and lower antithrombin levels in patients with disseminated intravascular coagulation at an early phase of trauma: comparison with acute coagulopathy of trauma-shock.
    Surgery 154:48-57, 2013
  5. Kushimoto S, Gando S, Saitoh D, Mayumi T, Ogura M, Fujishima S, Araki T, Ikeda H, Kotani J, Miki Y, Shiraishi S, Suzuki K, Suzuki Y, Takeyama N, Takuma k, Tsuruta R, Yamaguchi Y,Yamashita N, Aikawa N.
    The impact of body temperature abnormalities on the disease severity and outcome in patients with severe sepsis: an analysis from a multicenter, prospective survey of severe sepsis.
    Critical Care 17:R271, 2013
  6. Gando S, Saitoh D, Ishikura H, Ueyama M, Otomo Y, Oda S, Kushimoto S, Tanjoh K, Mayumi T, Ikeda T, Iba T, Eguchi Y, Okamoto K, Ogura H, Koseki K, Sakamoto Y, Takayama Y, Shirai K, Takasu O, Inoue Y, Mashiko K, Tsubota T, Endo S.
    A randomized, controlled, multicenter trial of the effects of antithrombin on disseminated intravascular coagulation in patients with sepsis.
    Critical Care 17:R297, 2013
  7. Fujishima S, Gando S, Saitoh D, Mayumi T, Kushimoto S, Shiraishi S, Ogura H, Takuma K, Kotani J, Ikeda H, Yamashita N, Suzuki K, Tsuruta R, Takeyama N, Araki T, Suzuki Y, Miki Y, Yamaguchi Y, Aikawa N.
    A multicenter, prospective evaluation of quality of care and mortality in Japan based on the Surviving Sepsis Campaign guidelines.
    Journal of Infection and Chemotherapy 20:115-120, 2013
  8. Ogura H, Gando S, Saitoh D, Takeyama N, Kushimoto S, Fujishima S, Mayumi T, Araki T, Ikeda H, Kotani J, Miki Y, Shiraishi S, Suzuki K, Suzuki Y, Takuma K, Tsuruta R, Yamaguchi Y, Yamashita N, Aikawa N.
    Epidemiology of severe sepsis in Japanese intensive care units: A prospective multicenter study.
    Journal of Infection and Chemotherapy 2013
  9. Wada T, Gando S, Mizugaki A, Yanagida Y, Jesmin S, Yokota H, Ieko M.
    Coagulofibrinolytic changes in patients with disseminated intravascular Coagulation associated with post-cardiac arrest syndrome - Fibrinolytic shutdown and insufficient activation of fibrinolysis lead to organ dysfunction.
    Thrombosis Research 132:e64-e69, 2013
  10. Wada T, Jesmin S, Gando S, Yanagida Y, Mizugaki A, Sultana SN, Zaedi S, Yokota H.
    The role of angiogenic factors and their soluble receptors in acute lung injury (ALI)/Acute respiratory distress syndrome (ARDS) associated with critical illness.
    Journal of Inflammation 10:6, 2013
  11. Nakahashi S, Gando S, Ishikawa T, Wada T, Yanagida Y, Kubota N, Uegaki S, Hayakawa M, Sawamura A.
    Effectiveness of end-expiratory lung volume measurements during the lung recruitment maneuver for patients with atelectasis.
    J Crit Care 28:534.e1-5, 2013
  12. Hayakawa M, Gando S, Mizuno H, Asai Y, Shichinohe Y, Takahashi I, Makise H.
    Effects of epinephrine administration in out-of-hospital cardiac arrest based on a propensity analysis.
    J Intensive Care 1:12, 2013

症例報告(和文)

  1. 山本浩、澤村淳、向井信貴、菅野正寛、久保田信彦、上垣慎二、早川峰司、丸藤哲
    急性リチウム中毒6症例の検討
    日本集中治療医学会雑誌 20:401-404, 2013

Letter to Editor(和文)

  1. 早川峰司、本間多恵子、柳田雄一郎
    一酸化炭素中毒における動脈血酸素飽和度
    日本救急医学会雑誌 24:36, 2013

国際学会

一般発表
  1. Yanagida Y, Jesmin S, Wada T, Islam M, Shimojo N, Mizutani T, Gando S.
    Organ specific expression of vascular endothelial growth factor (VEGF) in Lipopolysaccharide (LPS)-induced endotoxemia.
    Society of Critical Care Medicine, January 2013, Puerto Rico
  2. Wada T, Jesmin S, Gando S, Yanagida Y, Mizugaki A, Sultana SN, Zaedi S, Yokota H.
    Angiogenic factors and their soluble receptors predict organ dysfunction and Mortality in post-cardiac arrest syndrome.
    Society of Critical Care Medicine, January 2013, Puerto Rico
  3. Gando S, Yanagida Y, Sawamura A, Hayakawa M, Kubota N, Wada T, Ono Y, Tamamoto H.
    Normal prothrombinase activity, increased systemic thrombin activity, and lower antithrombin levels in patients with disseminated intravascular coagulation at an early phase of trauma: comparison with acute coagulopathy of trauma-shock.
    XXIV Congress of the International Society on Thrombosis and Haemostasis, June - July 2013, Amsterdam
  4. Gando S, Kim HK, Kurosawa S, Nielsen J, Thachil J.
    Disseminated Intravascular Coagulation.
    XXIV Congress of the International Society on Thrombosis and Haemostasis, June 2013, Amsterdam
  5. Wada T, Gando S, Mizugaki A, Yanagida Y, Jesmin S, Yokota H, Ieko M.
    Coagulofibrinolytic changes in patients with disseminated intravascular coagulation associated with post-cardiac arrest syndrome - Fibrinolytic shutdown and insufficient activation of fibrinolysis lead to organ dysfunction.
    The European Society of Intensive Care Medicine 26th Annual Congress, October 2013, Paris
  6. Hayakawa M, Yamamoto H, Ono Y, Wada T, Yanagida Y, Sugano M, Sawamura A, Takeda H, Gando S.
    Effects of Rikkunshito (traditional Japanese Kampo) on enteral feeding and plasma ghrelin concentration in critically ill patients: A double-blind, randomized, controlled trial.
    The European Society of Intensive Care Medicine 26th Annual Congress, October 2013, Paris
  7. Sawamura A, Yanagida Y, Wada T, Yamamoto H, Miyamoto D, Ono Y, Sugano M, Hayakawa H, Gando S.
    Cerebral fat embolism syndrome in severe trauma patients.
    The European Society of Intensive Care Medicine 26th Annual Congress, October 2013, Paris
  8. Gando S, Yanagida Y, Sawamura A, Hayakawa M, Kubota N, Ono Y, Wada T, Yamamoto H.
    Increased thrombin activation and lower antithrombin levels in patients with DIC and acute coagulopathy of trauma-shock(ACOTS).
    17th International Meeting of the Danubian League against Thrombosis and Haemorrhagic disorders (DLTH), May 2013, Czechoslovakia
  9. Sawamura A.
    Emergency Medicine in Society: Scientic Basis, Local Applications and Future Perspectives.
    (同時開催)第41回日本救急医学会総会・学術集会
    The 7th Asian Conference on Emergency Medicine (ACEM 2013), October 2013, Tokyo

全国学会

特別講演
  1. 丸藤哲
    日本救急医学会Sepsis RegisutryからみたSepsis診療の現況
    第41回日本救急医学会総会・学術集会 2013年10月 東京
パネルディスカッション
  1. 早川峰司、丸藤哲
    2つの診療ガイドラインにおけるARDS診療
    第40回日本集中治療医学会学術集会 2013年2月 長野(松本)
  2. 早川峰司
    日本版敗血症診療ガイドラインの評価 DIC治療
    第49回日本腹部救急医学会総会 2013年3月 福岡
シンポジウム
  1. 丸藤哲、氏家良人
    日本集中治療医学会と終末期医療
    第40回日本集中治療医学会学術集会 2013年2月 長野(松本)
  2. 丸藤哲、齋藤大蔵、遠藤重厚
    日本救急医学会DIC委員会第三次多施設共同前向き試験結果報告-DICに対するアンチトロンビンの効果-
    第40回日本集中治療医学会学術集会 2013年2月 長野(松本)
  3. 田村高志、氏家良人、丸藤哲、公文啓二、野々木宏、水谷太郎、木下順弘、杉澤栄、石川雅巳、貝沼関志、立野淳子、橋本圭司
    日本集中治療医学会評議員の所属施設における臨床倫理に関する現状調査
    第40回日本集中治療医学会学術集会 2013年2月 長野(松本)
  4. 澤村淳
    ICUにおける耐性菌対策
    日本外科感染症学会 2013年11月 神戸
一般演題
  1. ジェスミン・サブリナ、和田剛志、水柿明日美、丸藤哲、横田裕行
    エンドトキシンにより誘発される炎症・凝固活性化におけるPAR2 blocking peptideの効果
    第40回日本集中治療医学会学術集会 2013年2月 長野(松本)
  2. 柳田雄一郎、本間慶憲、山本浩、小野雄一、本間多恵子、上垣慎二、久保田信彦、早川峰司、澤村淳、丸藤哲
    当院ICUにおける敗血症症例の臨床的検討
    第40回日本集中治療医学会学術集会 2013年2月 長野(松本)
  3. 和田剛志、早川峰司、丸藤哲、柳田雄一郎、水柿明日美、ジェスミン・サブリナ、横田裕行
    心停止後症候群(post-cardiac arrest syndrome, PCAS)における凝固線溶反応
    第40回日本集中治療医学会学術集会 2013年2月 長野(松本)
  4. 金海燕、早川峰司、本間慶憲、小野雄一、本間多恵子、柳田雄一郎、久保田信彦、上垣慎二、澤村淳、丸藤哲
    多量の組織因子の流入は組織低灌流を伴わないフィブリノゲン分解を誘導する
    第40回日本集中治療医学会学術集会 2013年2月 長野(松本)
  5. 久保田信彦、本間慶憲、小野雄一、本間多恵子、柳田雄一郎、上垣慎二、早川峰司、澤村淳、丸藤哲
    重傷患者の細胞性免疫能と制御性T細胞(Treg)
    第40回日本集中治療医学会学術集会 2013年2月 長野(松本)
  6. 丸藤哲、澤村淳、早川峰司、上垣慎二、久保田信彦、柳田雄一郎、本間多恵子、小野雄一、本間慶憲
    北海道大学病院先進急性期医療センターにおける「終末期医療のあり方に関する指針」と人工呼吸器中止
    第40回日本集中治療医学会学術集会 2013年2月 長野(松本)
  7. 丸藤哲、澤村淳、早川峰司、上垣慎二、久保田信彦、柳田雄一郎、本間多恵子、小野雄一、本間慶憲
    北海道大学病院先進急性期医療センターにおける「終末期医療のあり方に関する指針」と終末期医療
    第40回日本集中治療医学会学術集会 2013年2月 長野(松本)
  8. 丸藤哲、澤村淳、早川峰司、上垣慎二、久保田信彦、柳田雄一郎、加藤裕貴、石川岳彦、森本裕二
    北海道大学病院先進急性期医療センター集中治療室-閉鎖型(Closed)ICUとしての20年-
    第40回日本集中治療医学会学術集会 2013年2月 長野(松本)
  9. 上垣慎二、早川峰司、久保田信彦、柳田雄一郎、本間多恵子、本間慶憲、澤村淳、丸藤哲
    ショックに伴う血清リン濃度の変動に関する検討
    第40回日本集中治療医学会学術集会 2013年2月 長野(松本)
  10. 本間多恵子、本間慶憲、柳田雄一郎、久保田信彦、上垣慎二、早川峰司、石川岳彦、澤村淳、丸藤哲、森本裕二
    過去13年間の一酸化炭素中毒患者についての検討
    第40回日本集中治療医学会学術集会 2013年2月 長野(松本)
  11. 早川峰司、丸藤哲
    ラット鈍的外傷モデルにおける外傷直後の凝固障害と凝固活性化因子
    第27回日本外傷学会総会・学術集会 2013年5月 久留米
  12. 早川峰司、丸藤哲、家子正裕
    ラット鈍的外傷モデルにおける外傷直後の凝固障害と凝固活性化因子
    第35回日本血栓止血学会学術集会 2013年5月 山形
  13. 佐藤朝之、早川峰司、伊藤幹
    心停止症例に対するドクターカー要請基準の再検討
    第16回日本臨床救急医学会総会・学術集会 2013年7月 東京
  14. 早川峰司、丸藤哲
    2つの敗血症診療ガイドラインにおけるARDS診療
    第16回日本臨床救急医学会総会・学術集会 2013年7月 東京
  15. 早川峰司、山本浩、小野雄一、和田剛志、柳田雄一郎、菅野正寛、澤村淳、丸藤哲
    外傷後の止血関連検査の経時的推移-フィブリノゲンの重要性-
    第41回日本救急医学会・学術集会 2013年10月 東京
  16. 和田剛志、山本浩、小野雄一、宮本大輔、柳田雄一郎、菅野正寛、早川峰司、澤村淳、丸藤哲、家子正裕
    生体侵襲下における凝固線溶反応-播種性血管内凝固(DIC)、臓器不全発症におけるエラスターゼによる線溶の役割-
    第41回日本救急医学会・学術集会 2013年10月 東京
  17. 伊原彩季、和田剛志、丸藤哲、澤村淳、早川峰司、菅野正寛、柳田雄一郎、宮本大輔、小野雄一、山本浩
    静脈性血管瘤に合併した深部静脈血栓症による肺血栓塞栓症の1例
    第41回日本救急医学会・学術集会 2013年10月 東京
  18. 小野雄一、伊原彩季、山本浩、宮本大輔、和田剛志、柳田雄一郎、菅野正寛、早川峰司、澤村淳、丸藤哲
    鈍的外傷により完全尿管断裂を来した一症例
    第41回日本救急医学会・学術集会 2013年10月 東京
  19. 澤村淳、山本浩、宮本大輔、小野雄一、和田剛志、柳田雄一郎、菅野正寛、早川峰司、丸藤哲
    重症外傷患者における脳脂肪塞栓症の検討
    第41回日本救急医学会・学術集会 2013年10月 東京

地方会

一般演題
  1. 早川峰司、山本浩、小野雄一、和田剛志、柳田雄一郎、菅野正寛、澤村淳、石川岳彦、丸藤哲
    骨髄移植後の肺高血圧症に対する治療経験
    日本集中治療医学会第22回北海道地方会 2013年10月 旭川
  2. 小野雄一、山本浩、宮本大輔、和田剛志、柳田雄一郎、菅野正寛、早川峰司、澤村淳、丸藤哲
    血液ガス分析用の全血検体でのフィブリノゲン迅速測定
    日本集中治療医学会第22回北海道地方会 2013年10月 旭川
  3. 小野雄一、山本浩、宮本大輔、和田剛志、柳田雄一郎、菅野正寛、早川峰司、澤村淳、丸藤哲
    院外心肺停止患者における病院前エピネフリン投与の有用性の検討
    第37回北海道救急医学会学術集会 2013年11月 札幌
  4. 澤村淳、山本浩、小野雄一、宮本大輔、和田剛志、柳田雄一郎、菅野正寛、早川峰司、丸藤哲
    鈍的外傷により完全尿管断裂を来した一症例
    第37回北海道救急医学会学術集会 2013年11月 札幌
  5. 早川峰司、山本浩、小野雄一、和田剛志、柳田雄一郎、菅野正寛、澤村淳、丸藤哲
    重傷者における六君子湯の効果
    第37回北海道救急医学会学術集会 2013年11月 札幌
  6. 柳田雄一郎、早川峰司、和田剛志、小野雄一、宮本大輔、川副尚史、福田宗純、山本有平、丸藤哲
    若年者の広範囲熱傷、非閉塞性腸管虚血で死亡した症例
    第20回日本熱傷学会北海道地方会 2013年11月 札幌

勉強会

  1. 丸藤哲:救急医療と災害医療
    Nobelpharma勉強会 2013年3月 札幌

司会・座長

座長
  1. 丸藤哲:北海道救急医学会の10年を振り返る
    (医療法人雄心会函館新都市病院:名誉院長 浅井康文先生)
    第37回北海道救急医学会学術集会 2013年11月 札幌
  2. 丸藤哲:重症熱傷のチーム医療
    (大阪府立急性期・総合医療センター 救急診療科:医長 松嶋麻子先生)
    第20回日本熱傷医学会北海道地方会 2013年11月 札幌
  3. 澤村淳:脳卒中診療up-to-date-ERで見逃され易い脳血管障害-
    (国際医療福祉大学熱海病院 永山正雄先生)
    第41回日本救急医学会総会・学術集会 2013年10月 東京
司会
  1. 丸藤哲:オープニング・シンポジウム1「原点から未来へ-21世紀の集中治療はどうあるべきか-」
    第40回日本集中治療医学会学術集会 2013年2月 松本
  2. 丸藤哲:DICの基礎と臨床-トロンボモジュリンの更なる可能性-
    第35回日本血栓止血学会 2013年5月 山形
  3. 丸藤哲:パネルディスカッション「集中治療におけるエビデンス」
    第16回日本臨床救急医学会総会・学術集会 2013年7月 東京
  4. 丸藤哲:齋藤大蔵「敗血症性DICの多施設共同研究」
    感染症フォーラム2013 2013年10月
  5. 丸藤哲:ランチョンセミナー「救命-合併症対策は転帰に影響するのか-」
    第41回日本救急医学会総会・学術集会 2013年10月
  6. 丸藤哲:(招待講演)藤森研司「DPCデータから見えるDICの診療状況」
    Surviving Sepsis Campaign 2013 2013年

講演

  1. 丸藤哲:DICの概念・診断・治療-リコモジュリンの可能性-
    第3回鳥取県救急フォーラム 2013年1月 鳥取
  2. 丸藤哲:DICの概念・診断・治療-リコモジュリンの可能性-
    国民健康保険審査委員会学術講演会 2013年1月 札幌
  3. 早川峰司:ICUにおけるPK/PDとCHDF
    集中治療講演会 2013年2月 東京
  4. 丸藤哲:DICの新しい概念と診断・治療-アンチトロンビンの可能性-
    第16回大阪DIC研究会 2013年2月 大阪
  5. 早川峰司:外傷直後の凝固障害の知見に関する混乱
    第2回埼玉県西部腹部救急フォーラム 2013年2月 埼玉(坂戸市)
  6. 早川峰司:DICの病態と治療
    岩見沢地区リコモジュリン講演会 2013年2月 岩見沢
  7. 丸藤哲:新しいDICの考え方と診断・治療
    室蘭DIC講演会 2013年2月 室蘭
  8. 丸藤哲:感染性DICの病態生理と診断・治療
    第5回リコモジュリンフォーカスミーティング 2013年6月 神戸
  9. 丸藤哲:新しいDICの考え方と診断・治療-リコモジュリン可能性-
    リコモジュリン学術講演会 2013年6月 北見
  10. 早川峰司:敗血症ガイドラインと我々の敗血症治療
    第2回釧路DIC治療学術講演会 2013年6月 釧路
  11. 早川峰司:敗血症ガイドラインと我々の敗血症治療の実際
    第4回中央メディカルフォーラム 2013年7月 函館
  12. 丸藤哲:感染症・非感染性侵襲と生体反応
    第10回日本集中治療医学会リフレッシャーセミナー 2013年8月 東京
  13. 丸藤哲:救急医療と災害医療
    東レメディカル社内講演会 2013年8月 東京
  14. 丸藤哲:感染性DICの病態生理とアンチトロンビンの可能性
    急性期医療カンファレンス 2013年9月 東京
  15. 丸藤哲:新しいDICの考え方と診断治療-リコモジュリンの可能性-
    広島DICフォーラム2013 2013年9月 広島
  16. 丸藤哲:終末期医療の考え方と問題点
    群馬県臨床救急医療研究会 2013年9月 群馬(前橋)
  17. 丸藤哲:新しいDICの考え方と診断・治療
    Sepsis Forum in Asahikawa 2013年9月 旭川
  18. 早川峰司:敗血症ガイドラインと我々の敗血症治療の実際
    敗血症学術講演会 2013年11月 帯広

その他(英文)

  1. Gando S.
    Journal of Intensive care: a new journal for all intensive care physician.
    Journal of Intensive care 1:1, 2013