先進急性期医療センター ホーム > 業績紹介 > 2015年の業績

業績紹介

2015年の業績

著書(和文)

  1. 丸藤哲:ショックとDIC-自律神経反応-
    一瀬白帝、丸山征郎、家子正裕 編
    新・血栓止血血管学 凝固と炎症 p.170-176, 2015 金芳堂
  2. 丸藤哲:集中治療における侵襲と生体反応
    日本集中治療医学会 編
    集中治療専門医テキスト p.23-26, 2015 総合医学社
  3. 丸藤哲:救急疾患とDIC
    鈴木重統、松野一彦、後藤信哉 編
    止血・血栓ハンドバック p.83-90, 2015 西村書店
  4. 和田剛志、丸藤哲:DICと血液凝固・線溶系
    武田純三 編
    血液凝固, 抗凝固, 線溶系が分かる本 p.224-232, 2015 真興交易(株)医書出版部
  5. 早川峰司:輸液と輸血
    岡本和文 横田裕行 編
    ナースのための救急・集中治療医学レビュー2014-'15 p.47-51, 2015 総合医学社
  6. 小野雄一、丸藤哲:播種性血管内凝固症候群(DIC)
    岡元和文 編
    ER・ICUでの薬の使い方・考え方 p54-59, 2015 総合医学社

総説・解説(和文)

  1. 丸藤哲:「特集 新規DIC診断基準」急性期DIC診断基準の現状と今後の展開
    Thrombosis Medicine 1: 39-43, 2015
  2. 丸藤哲:敗血症性DIC-敗血症レジストリーから学ぶこと-
    血栓と循環 23: 111-115, 2015
  3. 丸藤哲:敗血症性DICの治療開始のタイミングや注意点
    日本医事新報 4764: 61-62, 2015
  4. 早川峰司:「ICUでのコモンプロブレムの鑑別診断と対処」重症患者に併発する血液疾患 播種性血管内凝固症候群 各診断基準の特性と治療薬の動向
    Intensivist 7: 231-239, 2015
  5. 早川峰司:「免疫グロブリン」重症敗血症には免疫グロブリンを投与する(Q&A/特集)
    救急・集中治療 27: 965-972, 2015.11
  6. 早川峰司:Septic DICの攻略
    日本外科感染症学会雑誌 12: 263-269, 2015

総説・解説(英文)

  1. Gando S
    Hemostasis and thrombosis in trauma patients.
    Seminars in Thrombosis and Haemostasis 41:26-34, 2015
    10.1055/s-0034-1398378.
  2. Gando S, Otomo Y
    Local hemostasis, immunothrombosis, and systemic disseminated intravascular coagulation in trauma and traumatic shock.
    Critical Care 19:72, 2015
    10.1186/s13054-015-0735-x

原著(英文)

  1. Hayakawa M, Gando S, Ono Y, Wada T, Yanagida Y, Sawamura A, Ieko M.
    Noble-Collip drum trauma induces disseminated intravascular coagulation but not acute coagulopathy of trauma-shock.
    Shock 43:261-267, 2015
    10.1097/SHK.0000000000000281.
  2. Hayakawa M, Gando S, Ono Y, Wada T, Yanagida Y, Sawamura A.
    Fibrinogen level deteriorates before other routine coagulation parameters and massive transfusion in the early phase of severe trauma: a retrospective observational study.
    Seminars in Thrombosis and Hemostasis 41:35-42, 2015
    10.1055/s-0034-1398379.
  3. Wada T, Koboyashi M, Ono Y, Mizugaki A, Katabami K, Maekawa K, Miyamoto D, Yanagida Y, Hayakawa M, Sawamura A, Iseki K, Gando S.
    Pharmacokinetics and the optimal regimen for levofloxacin in critically ill patients receiving continuous hemodiafiltration.
    Journal of Intensive Care 3:22, 2015
    10.1186/s40560-015-0089-0
  4. Ono Y, Hayakawa M, Wada T, Sawamura A, Gando S.
    Effects of prehospital epinephrine administration on neurological outcomes in patients with out-of-hospital cardiac arrest.
    Journal of Intensive Care 3:29, 2015
    10.1186/s40560-015-0094-3
  5. Kushimoto S, Gando S, Saitoh D, Mayumi T, Ogura h, Fujishima S, Araki T, Ikeda H, Kotani J, Miki y, Shiraishi S, Suzuki k, Suzuki Y, Takeyama N, Takuma K, Tsuruta R, Yamaguchi Y, Yamashita N, Aikawa N.
    Impact of serum glucose levels on disease severity and outcome in patients with severe sepsis: and analysis from a multicenter prospective survey of severe sepsis.
    Acute Medicine & Surgery 2:21-28, 2015
    10.1002/ams2.59
  6. Hayakawa M, Gando S, Ono Y, Mizugaki A, Katabami K, Maekawa K, Miyamoto D, Wada T, Yanagida Y, Sawamura A.
    Rapid evaluation of fibrinogen levels using the CG02N whole blood coagulation analyzer.
    Seminars in Thrombosis and Hemostasis 41:267-71, 2015
    10.1055/s-0035-1547372.
  7. Ono Y, Hayakawa M, Maekawa K, Mizugaki A, Katabami K, Wada T, Sawamura A, Gando S.
    Should laryngeal tubes or masks be used for out-of-hospital cardiac arrest patients?
    American Journal of Emergency Medicine 33:1360-3, 2015
    10.1016/j.ajem.2015.07.043.

症例報告(和文)

  1. 吉田知由、早川峰司、本間多恵子、小野雄一、和田剛志、柳田雄一郎、澤村淳、丸藤哲
    ゾニサミド使用後に高体温を呈した2例
    日本集中治療医学会 22:519-522, 2015

国際学会

招待講演
  1. Gando S.
    (Invited Lecture)DIC in trauma.
    XXV Congress of the International Society on Thrombosis and Haemostasis and 61st Annual SSC Meeting, June 20-25, 2015 Toronto Convention Center, Tronto, CANADA
一般発表
  1. Wada T, Kobayashi M, Miyamoto D, Yanagida Y, Hayakawa M, Sawamura A, Iseki K, Gando S.
    Pharmacokinetics of levofloxacin in critically-ill patients receiving continuous hemodiafiltration.
    The Society of Critical Care Medicine's 44th Critical Care Congress, January 17-21, 2015 Phoenix Convention Center, Phoenix, Arizona, USA
  2. Gando S, Sawamura A, Hayakawa M, Wada T, Yanagida Y, Miyamoto D, Maekawa K, Ono Y, Katabami K, Mizugaki A.
    Impaired coagulation mechanisms in trauma patients with disseminated intravascular coagulation and acute coagulopathy trauma-shock.
    16th Annual NATA Symposium on Patient Blood Management, Haemostasis and Thrombosis, April 16-17, 2015 Prague Congress Centre, Prague, Czech Republic
  3. Gando S, Sawamura A, Hayakawa M, Wada T, Yanagida Y, Miyamoto D, Maekawa K, Ono Y, Mizugaki A, Jesmin S.
    Anticoagulation mechanisms are impaired in the early phase of trauma with DIC.
    18th International Meeting of the Danubian League Against Thrombosis and Haemorrhagic Disorders, May, 14-16, 2015 the Hotel Radon Plaza, Bosnia and Herzegovina, Sarajevo
  4. Gando S, Sawamura A, Hayakawa M, Wada T, Yanagida Y, Miyamoto D, Maekawa K, Ono Y, Mizugaki A, Jesmin S.
    Role of activated protein C and soluble fibrin in the early phase of trauma with disseminated intravascular coagulation: Comparison with acute coagulopathy of trauma-shock.
    XXV Congress of the International Society on Thrombosis and Haemostasis and 61st Annual SSC Meeting, June 22, 2015 Toronto Convention Center, Tronto, CANADA
  5. Katabami K, Miyamoto D, Hayakawa M, Gando S, Mizugaki A, Wada T, Yanagida Y, Ono Y, Maekawa K, Sawamura A.
    A Case of severe methemoglobinemia due to sodium nitrite poisoning.
    12th Congress of the World Federation of Socienties of Intensive and Critical Care Medicine in collaboration with WFCCN and WFPICCS, August 29- September 1, 2015 Convention and Exhibition Center, Seoul, Korea

全国学会

講演
  1. 丸藤哲
    救急・集中治療の立場から、集中治療の末期医療の存在について
    第42回日本集中治療医学会総会・学術集会 2015年2月9日 東京
  2. 丸藤哲
    編集委員会報告「Journal of Intensive Careの近況」
    第42回日本集中治療医学会総会・学術集会 2015年2月9日 東京
パネルディスカッション
  1. 早川峰司
    ラット鈍的外傷モデルにおける外傷直後の凝固傷害と凝固活性化因子
    第30回日本Shock学会総会 2015年5月22日 東京
シンポジウム
  1. 齋藤大蔵、丸藤哲、佐々木淳一、池田弘人、上山昌史、田熊清継、荒木恒敏、小倉裕司、藤島清太郎、阿部智一、白石淳、久志本成樹、真弓俊彦、射場敏明、岡本好司、小谷穣治、坂本雄一郎、椎野泰和、白石振一郎、武山直志、樽井武彦、鶴田良介、中田孝明、水島靖明、一二三亨、藤見聡、増野智彦、三木靖雄、山下典雄(日本救急医学会多施設共同試験特別委員会)
    広範囲熱傷の初期輸液に関する多施設共同前向き無作為化比較対照試験の計画
    第43回日本救急医学会総会 2015年10月 東京
  2. 藤島清太郎、丸藤哲、齋藤大蔵、小倉裕司、久志本成樹、真弓俊彦、阿部智一、白石淳、荒木恒敏、池田弘人、射場敏明、岡本好司、上山昌史、小谷穣治、阪本雄一郎、佐々木淳一、椎野泰和、白石振一郎、田熊清継、武山直志、樽井武彦、鶴田良介、中田孝明、一二三亨、藤見聡、増野智彦、三木靖雄、水島靖明、山下典雄(日本救急医学会多施設共同試験特別委員会)
    ALI/ARDSに対する多施設共同前向き観察研究
    第43回日本救急医学会総会 2015年10月 東京
  3. 阿部智一、小倉裕司、齋藤大蔵、久志本成樹、白石淳、藤島清太郎、荒木恒敏、池田弘人、射場敏明、上山昌史、岡本好司、小谷穣治、阪本雄一郎、佐々木淳一、椎野泰和、白石振一郎、田熊清継、武山直志、樽井武彦、鶴田良介、中田孝明、一二三亨、藤見聡、増野智彦、真弓俊彦、三木靖雄、水島靖明、山下典雄、丸藤哲(日本救急医学会多施設共同試験特別委員会)
    Sepsis registry: 敗血症診療の国際標準化の現状と展望
    第43回日本救急医学会総会 2015年10月 東京
  4. 小倉裕司、丸藤哲、阿部智一、荒木恒敏、池田弘人、射場敏明、上山昌史、岡本好司、久志本成樹、小谷穣治、齋藤大蔵、阪本雄一郎、佐々木淳一、椎野泰和、白石淳、白石振一郎、田熊清継、武山直志、樽井武彦、鶴田良介、中田孝明、一二三亨、藤島清太郎、藤見聡、増野智彦、真弓俊彦、三木靖雄、水島靖明、山下典雄(日本救急医学会多施設共同試験特別委員会)
    日本救急医学会:学会主導多施設研究の発展とその経緯
    第43回日本救急医学会総会 2015年10月 東京
  5. 齋藤大蔵、久志本成樹、浅利靖、小倉裕司、織田順、梶野健太郎、丸藤哲、阪本哲也、嶋津岳士、白石淳、辻友篤、田上隆、田邉晴山、藤島清太郎、松田晋哉、溝端康光、三宅康史、森本尚登、行岡哲男(救急統合データベース活用管理委員会)
    救急統合データベース整備とトラウマレジストリー
    第43回日本救急医学会総会・学術集会 2015年10月 東京
  6. 小倉裕司、久志本成樹、丸藤哲、浅利靖、織田順、梶野健太郎、齋藤大蔵、坂本哲也、嶋津岳士、白石淳、辻友篤、田上隆、田邉晴山、藤島清太郎、松田晋哉、溝端康光、三宅康史、森村尚登、行岡哲男(救急統合データベース活用管理委員会)
    学会主導多施設研究と救急統合データベースシステム
    第43回日本救急医学会総会 2015年10月 東京
  7. 丸藤哲、久志本成樹、浅利靖、小倉裕司、織田順、梶野健太郎、齋藤大蔵、坂本哲也、嶋津岳士、白石淳、田上隆、田邉晴山、辻友篤、藤島清太郎、溝端康光、三宅康史、森村尚登、松田晋哉(救急統合データベース活用管理委員会)
    日本救急医学会学会主導研究評価特別委員会の役割と海外の学会主導研究
    第43回日本救急医学会総会 2015年10月 東京
  8. 早川峰司
    [みんなで考える重症敗血症における合併症対策] 感染に伴うDICの病態と診断-シンプルな理解のために
    第89回日本感染症学会総会・学術講演会 2015年4月 京都
一般発表
  1. 澤村淳、小野雄一、宮本大輔、和田剛志、柳田雄一郎、早川峰司、秋沢宏次、山田武宏、石黒信久、丸藤哲
    当院における陰性桿菌に対する感受性率の推移とTAZ/PIPCの影響
    第42回日本集中治療医学会総会・学術集会 2015年2月 東京
  2. 水柿明日美、方波見謙一、小野雄一、前川邦彦、和田剛志、柳田雄一郎、宮本大輔、早川峰司、澤村淳、丸藤哲
    急性期の血漿交換療法が有効であった後天性血友病Aの一例
    第42回日本集中治療医学会総会・学術集会 2015年2月 東京
  3. 和田剛志、小林正紀、方波見謙一、小野雄一、前川邦彦、柳田雄一郎、早川峰司、澤村淳、井関健、丸藤哲
    持続血液ろ過透析療法中のLevofloxacinの薬物動態解析
    第42回日本集中治療医学会総会・学術集会 2015年2月 東京
  4. 斉藤仁志、石川岳彦、丸藤哲、森本裕二
    超音波内視鏡下吸引穿刺生検術後に血胸を来した1例
    第42回日本集中治療医学会総会・学術集会 2015年2月 東京
  5. 今泉均、齋藤大蔵、升田好樹、小谷穣治、松田直之、織田成人、丸藤哲
    重症敗血症に対するIVIGの生存率改善効果-救急医学会・集中治療医学会Sepsis Registry Data合同分析委員会-
    第42回日本集中治療医学会総会・学術集会 2015年2月 東京
  6. 小谷穣治、齋藤大蔵、今泉均、升田好樹、織田成人、丸藤哲
    敗血症性DICにおける免疫グロブリン(IVIG)投与と生存率の関係
    第42回日本集中治療医学会総会・学術集会 2015年2月 東京
  7. 前川邦彦、早川峰司、久志本成樹、加藤宏、佐々木淳一、小倉裕司、松岡哲也、植嶋利文、森村尚登、石倉宏恭、萩原章嘉、武田宗和、金子直之、齋藤大蔵(日本外傷学会将来計画委員会)
    J-OCTET報告 重症外傷患者における受傷24時間後の最適な輸血目標値の検討
    第29回日本外傷学会総会・学術集会 2015年6月 札幌
  8. 古郡慎太郎、森村尚登、齋藤大蔵、金子直之、武田宗和、萩原章嘉、早川峰司、石倉宏恭、植嶋利文、松岡哲也、小倉裕司、佐々木淳一、加藤宏、久志本成樹(外傷学会将来計画委員会)
    J-OCTET報告 重症外傷患者における性差に関する検討
    第29回日本外傷学会総会・学術集会 2015年6月 札幌
  9. 植嶋利文、白石淳、齋藤大蔵、石倉宏恭、小倉裕司、加藤宏、金子直之、佐々木淳一、武田宗和、萩原章嘉、早川峰司、松岡哲也、森村尚登、久志本成樹(日本外傷学会将来計画委員会)
    J-OCTET研究 頭部単独外傷に対するトラネキサム酸の効果の検証
    第29回日本外傷学会総会・学術集会 2015年6月 札幌
  10. 白石淳、大友康裕、加藤宏、佐々木淳一、小倉裕司、松岡哲也、植嶋利文、森村尚登、石倉宏恭、早川峰司、萩原章嘉、武田宗和、金子直之、齋藤大蔵、久志本成樹(日本外傷学会将来計画委員会)
    J-OCTET報告 トラネキサム酸は日本の外傷診療でも転帰を改善していた
    第29回日本外傷学会総会・学術集会 2015年6月 札幌
  11. 早川峰司、久志本成樹、加藤宏、佐々木淳一、小倉裕司、松岡哲也、植嶋利文、森村尚登、石倉宏恭、萩原章嘉、武田宗和、金子直之、齋藤大蔵(日本外傷学会将来計画委員会)
    J-OCTET報告 頭部単独外傷におけるTrauma-induced coagulopathyと組織低灌流
    第29回日本外傷学会総会・学術集会 2015年6月11日〜12日 札幌
  12. 工藤大介、久志本成樹、加藤宏、佐々木淳一、小倉裕司、松岡哲也、植嶋利文、森村尚登、石倉宏恭、早川峰司、萩原章嘉、武田宗和、金子直之、齋藤大蔵(日本外傷学会将来計画委員会)
    J-OCTET報告 抗凝固薬・抗血小板薬内服の輸血と止血術への影響
    第29回日本外傷学会総会・学術集会 2015年6月 札幌
  13. 久志本成樹、工藤大介、加藤宏、佐々木淳一、小倉裕司、松岡哲也、植嶋利文、森村尚登、石倉宏恭、早川峰司、萩原章嘉、武田宗和、金子直之、齋藤大蔵(日本外傷学会将来計画委員会)
    ISS16以上の外傷に対する6時間以内の輸血は"RBC、FFP10単位ずつ"
    第29回日本外傷学会総会・学術集会 2015年6月 札幌
  14. 早川峰司、久志本成樹、加藤宏、佐々木淳一、小倉裕司、松岡哲也、植嶋利文、森村尚登、石倉宏恭、萩原章嘉、武田宗和、金子直之、齋藤大蔵(日本外傷学会将来計画委員会)
    Fibrinogenの低下を認めなくてもD-dimer高値は予後不良の指標である
    第29回日本外傷学会総会・学術集会 2015年6月11日〜12日 札幌
  15. 佐々木淳一、渋沢崇行、石倉宏恭、植嶋利文、小倉裕司、加藤宏、金子直之、齋藤大蔵、武田宗和、萩原章嘉、早川峰司、松岡哲也、森村尚登、白石淳、久志本成樹(日本外傷学会将来計画委員会)
    本邦における年齢層別の外傷急性期凝固線溶動態
    第29回日本外傷学会総会・学術集会 2015年6月 札幌
  16. 村田希吉、大友康裕、斎藤大蔵、加藤宏、佐々木淳一、小倉裕司、松岡哲也、植嶋利文、森村尚登、石倉宏恭、早川峰司、萩原章嘉、武田宗和、金子直之、久志本成樹(日本外傷学会将来計画委員会)
    重症外傷において病院前輸液が血液凝固機能に及ぼす影響
    第29回日本外傷学会総会・学術集会 2015年6月 札幌
  17. 仲村佳彦、石倉宏恭、加藤宏、佐々木淳一、小倉裕司、松岡哲也、植嶋利文、森村尚登、早川峰司、萩原章嘉、武田宗和、金子直之、齋藤大蔵、久志本成樹(日本外傷学会将来計画委員会)
    Massive transfusion予測因子の検討
    第29回日本外傷学会総会・学術集会 2015年6月 札幌
  18. 久志本成樹、工藤大介、加藤宏、佐々木淳一、小倉裕司、松岡哲也、植嶋利文、森村尚登、石倉宏恭、早川峰司、萩原章嘉、武田宗和、金子直之、齋藤大蔵(日本外傷学会将来計画委員会)
    外傷急性期凝固線溶動態に関する多施設共同研究(J-OCTET)の概要
    第29回日本外傷学会総会・学術集会 2015年6月 札幌
  19. 澤村淳、水柿明日美、方波見謙一、前川邦彦、小野雄一、宮本大輔、和田剛志、柳田雄一郎、早川峰司、丸藤哲
    外傷性脳内出血症例のpitfall
    第29回日本外傷学会総会・学術集会 2015年6月 札幌
  20. 定本圭弘
    亜硝酸ナトリウム中毒による重症メトヘモグロビン血症を来した1例
    第43回日本救急医学会総会・学術集会 2015年10月 東京
  21. 澤村淳、小舘旭、村上博基、水柿明日美、前川邦彦、方波見謙一、小野雄一、宮本大輔、和田剛志、早川峰司、丸藤哲
    3D-CTA診断が可能であったクモ膜下出血症例の検討
    第43回日本救急医学会総会・学術集会 2015年10月 東京
  22. 小野雄一、小舘旭、定本圭弘、水柿明日美、村上博基、方波見謙一、和田剛志、前川邦彦、早川峰司、澤村淳、丸藤哲
    院外心肺停止患者における病院前気道確保器具(声門上デバイス)の検討 Laryngeal Mask vs Laryngeal Tube
    第43回日本救急医学会総会・学術集会 2015年10月 東京

地方会

シンポジウム
  1. 宮本大輔、水柿明日美、方波見謙一、小野雄一、前川邦彦、和田剛志、柳田雄一郎、早川峰司、澤村淳、丸藤哲
    北海道大学病院における広範囲熱傷の治療戦略-ICUにおけるシャワー浴の工夫について-
    第21回日本熱傷学会北海道地方会 2015年2月 札幌
  2. 藤田宗純、村尾尚規、七戸龍司、林利彦、舟山恵美、小山明彦、古川洋志、山本有平、宮本大輔、丸藤哲
    北海道大学病院における広範囲熱傷の治療戦略-形成外科医の立場から-
    第21回日本熱傷学会北海道地方会 2015年2月 札幌
パネルディスカッション
  1. 澤村淳
    2次被ばく医療機関による医療派遣チーム支援について
    第39回北海道救急医学会学術集会 2015年11月 札幌
一般発表
  1. 小舘旭、定本圭弘、水柿明日美、村上博基、小野雄一、前川邦彦、方波見謙一、和田剛志、宮本大輔、早川峰司、澤村淳、丸藤哲
    気管切開術後の気管腕頭動脈瘻をきたした2例
    日本集中治療医学会第24回北海道地方会 2015年9月 札幌
  2. 村上博基、方波見謙一、武田充人、定本圭弘、小舘旭、水柿明日美、前川邦彦、小野雄一、宮本大輔、和田剛志、早川峰司、澤村淳、丸藤哲
    ミトコンドリア心筋症が疑われた症例の難治性不整脈に対してキシロカイン投与が有効であった1例
    日本集中治療医学会第24回北海道地方会 2015年9月 札幌
  3. 小野雄一、小舘旭、定本圭弘、水柿明日美、村上博基、方波見謙一、前川邦彦、宮本大輔、和田剛志、澤村淳、丸藤哲
    院外心肺停止患者における病院前気道確保器具(声門上デバイス)の検討-Laryngeal Mask vs Laryngeal Tube-
    第39回北海道救急医学会学術集会 2015年11月 札幌
  4. 定本圭弘、方波見謙一、宮本大輔、早川峰司、澤村淳、丸藤哲
    亜硝酸ナトリウム中毒による重症メトヘモグロビン血症を来した1例
    第39回北海道救急医学会学術集会 2015年11月 札幌
  5. 丸藤哲
    新専門医制度についての中間報告
    第39回北海道救急医学会学術集会 2015年11月 札幌

司会・座長・助言者

司会(国際学会)
  1. Gando S, Marcello DN, Ito T, Bernd J, Kurosawa S, Sacha Z. (共同司会)
    Disseminated intravascular Coagulation (DIC)
    XXV Congress of the International Society on Thrombosis and Haemostasis and 61st Annual SSC Meeting, June 21, 2015 Toronto
  2. Gando S, Hong SG. (共同司会)
    Epidemiology / Outcomes / Quality of Life
    12th Congress of the World Federation of Societies of Intensive and Critical Care Medicine in collaboration with WFCCN and WFPICCS, August 29, 2015 Seoul
  3. Chiche JD, Gando S. (共同司会)
    Emerging Concepts in Sepsis
    12th Congress of the World Federation of Societies of Intensive and Critical Care Medicine in collaboration with WFCCN and WFPICCS, August 31, 2015 Seoul
  4. Chair Shyr-Chyr Chen、丸藤哲:International Oral Session 2
    第42回日本集中治療医学会総会・学術集会 2015年2月 東京
司会(国内学会)
  1. 丸藤哲、坂本照夫:「主題:敗血症の集学的治療」
    第19回エンドトキシン血症救命治療研究会 2015年1月 宮城
  2. 丸藤哲:「病院前救護における気道確保の進歩~安全性と確実性の向上をめざして~」(県立広島病院 救命救急センター 部長:楠 慎二先生)
    第29回日本外傷学会・学術集会 ランチョンセミナー 2015年6月 札幌
  3. 澤村淳:症例検討「巨大な感染性下大静脈血栓に伴う敗血症ショック・DICの1救命例」(札幌医科大学医学部集中治療医学:巽博臣先生)
    ER・ICUセミナー 2015年6月 札幌
  4. 早川峰司:「中心静脈カテーテル抜去時の急変」(北海道大学病院 先進急性期医療センター:小舘旭先生)
    札幌救急カンファレンス 2015年9月 札幌
  5. 丸藤哲、齋藤大蔵:シンポジウム「学会主導多施設共同研究について考える」
    第43回日本救急医学会総会・学術集会 2015年10月 東京
  6. 澤村淳:突然死を来たす疾患の病態と治療
    北海道医学会市民公開シンポジウム 2015年10月 札幌
座長
  1. 丸藤哲:「特別講演」細菌感染症に対するガンマグロブリン療法(京都府立医科大学 麻酔科学 教授:佐和貞治先生)
    敗血症フォーラム2015 2015年2月 東京
  2. 氏家良人、丸藤哲:「シンポジウム」終末期医療をどのように国民の皆様にご理解いただくか-「安楽死」との間
    第42回日本集中治療医学会・学術集会 2015年2月 東京
  3. 丸藤哲:集中治療における終末期医療“治療の最前線での末期医療を多角的に捉えなおす”
    第42回日本集中治療医学会・学術集会 2015年2月 東京
  4. 澤村淳:ポスター「心肺停止」症例
    第42回日本集中治療医学会総会・学術集会 2015年2月 東京
  5. 澤村淳:一般演題4演題
    札幌バイオマーカーセミナー 2015年5月 札幌
  6. 岡本好司、丸藤哲:「日本血栓止血学会・日本救急医学会ジョイントシンポジウム」重症敗血症とDIC-新しいDIC 診断基準とアンチトロンビンの役割-
    第37回日本血栓止血学会学術集会 2015年5月 山梨
  7. 丸藤哲:(ランチョンセミナー)敗血症DICの病態と自然免疫(順天堂大学大学院医学研究科 救急・災害医学 教授:射場敏明先生)
    第37回日本血栓止血学会学術集会 2015年5月 山梨
  8. 澤村淳:メディエーター除去の基礎的研究と臨床応用(藤田保健衛生大学医学部 麻酔・侵襲制御医学講座 主任教授:西田修)
    第5回北海道急性血液浄化セミナー 2015年6月 札幌
  9. 丸藤哲:(ワークショップ)救命士の拡大処置と生涯教育のあり方と各地域の取り組み(5演題)
    第18回日本臨床救急医学会総会・学術集会 2015年6月 富山
  10. 丸藤哲:自然免疫と凝固制御におけるアンチトロンビンの役割(順天堂大学大学院 医学研究科 救急・災害医学 教授:的場敏明先生)
    第9回北海道DIC学術講演会 2015年7月 札幌
  11. 丸藤哲:今後のDIC治療戦略について(パネリスト4名)
    DIC治療フォーラム 2015年9月 東京
  12. 和田剛志:循環(4演題)
    日本集中治療医学会第24回北海道地方会 2015年9月 札幌
  13. 丸藤哲:神経集中治療:脳障害度に応じたTargeted Temperature Management~脳波指標も含めて~(香川大学医学部救急災害医学 教授 黒田泰弘)
    第39回北海道救急医学会学術集会 2015年11月 札幌
  14. 丸藤哲:
    第4回北海道漢方医学研究会 2015年11月 札幌
  15. 丸藤哲:アンチトロンビンとプロテアーゼの診療・研究
    第8回アンチトロンビンとプロテアーゼフォーラム 2015年11月 札幌
  16. 小野雄一:中毒(3演題)
    第39回北海道救急医学会学術集会 2015年11月 札幌
  17. 丸藤哲:北大病院におけるAntimicrobial stewardshipの取り組みについて(北海道大学病院 感染制御部 部長 診療教授 石黒信久)
    札幌敗血症フォーラム 2015年12月 札幌
助言者
  1. 早川峰司:「処置範囲拡大II」
    第24回全国救急隊員シンポジウム 2015年12月 札幌

講演

  1. 早川峰司:敗血症の初期蘇生とDIC治療
    さいたま新都心DICセミナー 2015年1月 埼玉
  2. 早川峰司:DIC関連について
    第8回北海道止血・血栓研究会 2015年1月 札幌
  3. 早川峰司:敗血症性DICの病態・診断と治療の知見について
    Advisory Meeting (Sepsis and organ failure) 2015年2月 東京
  4. 早川峰司:敗血症の初期蘇生とDIC治療
    DICセミナー 2015年2月 千葉
  5. 早川峰司:不思議な進展をした軟部組織感染症
    札幌救急カンファレンス 2015年3月 札幌
  6. 早川峰司:敗血症の初期蘇生とDIC治療
    第4回SACフォーラム 2015年3月 茨城
  7. 丸藤哲:敗血症性DICの考え方・診断・治療
    第8回名古屋セプシスフォーラム 2015年4月 名古屋
  8. 早川峰司:感染に伴うDICの病態と診断-シンプルな理解のために-
    第89回日本感染症学会学術講演会イブニングセミナー1 2015年4月 京都
  9. 早川峰司:敗血症の初期蘇生とDIC治療
    和歌山県敗血症セミナー 2015年6月 和歌山
  10. 丸藤哲:DICの考え方、早期診断と治療-急性期DIC診断基準の意義-
    京都急性期医療セミナー 2015年7月 京都
  11. 丸藤哲:DICの考え方、診断と治療-遺伝子組換えトロンボモジュリンの意義-
    第3回豊岡DICセミナー 2015年7月 兵庫
  12. 丸藤哲:今日の救急医療と救急医学
    第1回勤医協中央病院 救急医療連続セミナー 2015年7月 札幌
  13. 早川峰司:敗血症の治療の根拠とその実際 初期蘇生とDIC対策
    感染症と凝固異常エキスパートセミナー in Fukuoka 2015年7月 福岡
  14. 早川峰司:急性腎障害とDIC治療薬の薬物動態
    15年度第5回リコモジュリンWeb講演会 2015年8月 東京
  15. 丸藤哲:敗血症性DICの病態、診断、治療
    第2回Chiba Critical Care Conference 2015年9月 千葉
  16. 早川峰司:外傷直後の凝固障害 ~なぜ線溶亢進型DICなのか~
    Critical Care DIC Forum in OSAKA 2015年9月 大阪
  17. 小舘旭:中心静脈カテーテル抜去時の急変
    札幌救急カンファレンス 2015年9月 札幌
  18. 方波見謙一:救急医からみた突然死-誤嚥・窒息-
    北海道医学会市民公開シンポジウム 2015年10月 札幌
  19. 早川峰司:敗血症と呼吸不全、DIC
    第7回新潟トロンボモジュリン感染症フォーラム 2015年11月 新潟
  20. 早川峰司:敗血症と呼吸不全、DIC
    岡山呼吸器疾患セミナー 2015年11月 岡山
  21. 小舘旭:重症患者の胃内容物停滞・嘔吐に対する六君子湯の使用
    第4回北海道漢方医学研究会 2015年11月 札幌
  22. 丸藤哲:北緯43°から 新たな救命への軌跡を-私が考える救急医療と救急医学-
    第24回全国救急隊員シンポジウム 2015年12月 札幌

講師

  1. 早川峰司:救急医療と臓器提供について
    第13回北海道院内移植コーディネーター講習会 2015年1月 札幌
  2. 和田剛志:
    リコモジュリンASPECT実践研修 2015年12月 札幌

その他

  1. 丸藤哲:監修「急性期DIC診断基準ポケットメモ」
    旭化成ファーマ 2015年12月