先進急性期医療センター ホーム > 業績紹介 > 2016年の業績

業績紹介

2016年の業績

著書(和文)

  1. 丸藤哲:炎症と凝固・線溶の定義と診断 2.DICの定義と診断 a.急性期DIC診断基準
    《救急・集中治療アドバンス》重症患者における炎症と凝固・線溶系反応 pp22-26, 2016 中山書店, 東京
  2. 澤村淳:第2章 成人の二次救命処置 [8]心拍再開後の集中治療 3.循環管理
    一般社団法人 日本蘇生協議会 編
    JRC蘇生ガイドライン2015 pp.118-120, 2016 医学書院, 東京
  3. 澤村淳:第2章 成人の二次救命処置 [9]予後評価 2.ROSC後の神経学的予後評価
    一般社団法人 日本蘇生協議会 編
    JRC蘇生ガイドライン2015 pp.130-142, 2016 医学書院, 東京
  4. 早川峰司:第2章 成人の二次救命処置 [3]気道と換気 2.高度な気道確保器具
    一般社団法人 日本蘇生協議会 編
    JRC蘇生ガイドライン2015 pp.55-58, 2016 医学書院, 東京

著書(英文)

  1. Gando S: Disseminated Intravascular Coagulation. Trauma Induced Coagulopathy
    Gonzalez E, Moore H, Moore E, Eds.
    In book: Trauma Induced Coagulopathy pp.195-217, 2016 Springer International publishing, Switzerland
    DOI: 10.1038/nrdp.2016.37

編集(和文)

  1. 丸藤哲:外傷性凝固障害
    日本血栓止血学会誌 27:399-443, 2016
  2. 和田剛志:第8章頭部外傷(編集協力)
    改訂第5版外傷初期診療ガイドラインJATEC, 2016

総説・解説(和文)

  1. 丸藤哲:ICUにおける終末期医療
    日本医師会雑誌 144:2065-2068, 2016
  2. 丸藤哲、和田剛志、小野雄一、前川邦彦、方波見謙一、早川峰司、澤村淳:Septic DICの病態とImmunothrombosis
    ICUとCCU 40:171-179, 2016
  3. 澤村淳:くも膜下出血の神経集中治療における血清ナトリウム濃度異常の疫学、治療、転帰は?
    救急・集中治療 28:931-939, 2016
  4. 澤村淳:【知っておきたい救急薬の使い方】(6)意識(D)の異常時の救急薬
    Modern Physician 36:535-536, 2016
  5. 澤村淳:敗血症性ショック
    今日の治療指針(2016年版) pp27-28, 2016 医学書院, 東京
  6. 和田剛志:敗血症性ショック
    今日の治療指針(2016年版) 2016 医学書院, 東京
  7. 早川峰司:外傷性凝固障害におけるフィブリノゲン
    日本血栓止血学会誌 27:431-435, 2016
  8. 早川峰司:輸液と輸血 急性期の処置と治療
    救急・集中治療医学レビュー 17:79-82, 2016
  9. 和田剛志:【救急治療薬 - ここが知りたい、何故使うか、どう使うか】救急現場における治療薬への課題 抗血小板薬,抗凝固薬使用中の急性出血への対応
    救急医学 40:12:1543-1552, 2016
  10. 前川邦彦、丸藤哲:急性期の処置と治療 呼吸・循環補助(PCPS、iLAなど)
    救急・集中治療医学レビュー 17:88-93, 2016
  11. 前川邦彦、丸藤哲:II救急医療 2.集中治療の実際 (12)PCPS(経皮的心肺補助)とECMO(体外式膜型人工肺)
    【救命救急医療update - 救急医療の新たな時代-】 74:285-290, 2016

総説・解説(英文)

  1. Gando S, Meziani F, Levi M: What's new in the diagnostic criteria of disseminated intravascular coagulation?
    Intensive Care Medicine 42:1062-1064, 2016
    DOI: 10.1007/s00134-016-4257-z
  2. Gando S, Levi M, Toh CH: Disseminated intravascular coagulation.
    Nature Review Disease Primer 2:16037, 2016
    DOI: 10.1038/nrdp.2016.37
  3. Gando S, Hayakawa M: Pathophysiology of trauma-induced coagulopathy and management of critical bleeding requiring massive transfusion.
    Semin Thromb Hemost 42:155-165, 2016
    DOI: 10.1055/s-0035-1564831

原著(和文)

  1. 澤村淳、方波見謙一、石森直樹、新宮康栄、中山若樹:突然死を来す疾患の病態と治療
    北海道医誌 91:27-30, 2016

原著(英文)

  1. Hayakawa M, Yamakawa K, Saito S, Uchino S, Kudo D, Iizuka Y, Sanui M, Takimoto K, Mayumi T, Ono K, Japan Septic Disseminated Intravascular Coagulation (JSEPTIC DIC) study group: Recombinant human soluble thrombomodulin and mortality in sepsis-induced disseminated intravascular coagulation.
    Thrombosis and Haemostasis 115:1157-66, 2016
    DOI: 10.1160/TH15-12-0987
  2. Jesmin S, Gando S, Wada T, Hayakawa M, Sawamura A: Activated protein C does not increase in the early phase of trauma with disseminated intravascular coagulation: comparison with acute coagulopathy of trauma-shock.
    Journal of Intensive Care 4:1, 2016
    DOI: 10.1186/s40560-015-0123-2
  3. Iba T, Gando S, Saitoh D, Ikeda T, Anan H, Oda S, Kitamura N, Mori S, Kotani J, Kuroda Y: Efficacy and bleeding risk of antithrombin supplementation in patients with septic disseminated intravascular coagulation: a third survey.
    Clin Appl Thromb Hemost May 9, 2016
    DOI: 10.1177/1076029616648405
  4. Fujishima S, Gando S, Daizoh S, Kushimoto S, Ogura H, Mayumi T, Takuma K, Kotani J, Yamashita N, Tsuruta R, Takeyama N, Shiraishi S, Araki T, Suzuki K, Ikeda H, Miki Y, Suzuki Y, Yamaguchi Y, Aikawa N: Infection site is predictive of outcome in acute lung injury associated with severe sepsis and septic shock.
    Respirology 21:898-904, 2016
    DOI: 10.1111/resp.12769
  5. Iba T, Gando S, Saitoh D, Wada H, Di Nisio M, Thachil J: Antithrombin supplementation and risk of bleeding in patients with sepsis-associated disseminated intravascular coagulation.
    Thrombosis Research 145:46-50, 2016
    DOI: 10.1016/j.thromres.2016.07.016
  6. Wada T, Gando S, Ono Y, Maekawa K, Katabami K, Hayakawa M, Sawamura A: Disseminated intravascular coagulation with the fibrinolytic phenotype predicts the outcome of patients with out-of-hospital cardiac arrest.
    Thrombosis Journal 14:43, 2016
    DOI: 10.1186/s12959-016-0116-y
  7. Tancharoen S, Gando S, Binita S, Nagasato T, Kikuchi K, Nawa Y, Dararat P, Yamamoto M, Narkpinit S, Maruyama I: HMGB1 promotes intraoral palatal wound healing through RAGE-dependent mechanisms.
    International Journal of Molecular Sciences 23;17, 2016
    DOI: 10.3390/ijms17111961
  8. Yamakawa K, Umemura Y, Hayakawa M, Kudo D, Sanui M, Takahashi H, Yoshikawa Y, Hamasaki T, Fujimi S: Benefit profile of anticoagulant therapy in sepsis: a nationwide multicentre registry in Japan.
    Critical Care 20:229, 2016
    DOI: 10.1186/s13054-016-1415-1
  9. Ono Y, Hayakawa M, Iijima H, Maekawa K, Kodate A, Sadamoto Y, Mizugaki A, Murakami H, Katabami K, Sawamura A, Gando S: The response time threshold for predicting favourable neurological outcomes in patients with bystander-witnessed out-of-hospital cardiac arrest.
    Resuscitation 107:65-70, 2016
    DOI: 10.1016/j.resuscitation.2016.08.005
  10. Hayakawa M, Saito S, Uchino S, Yamakawa K, Kudo D, Iizuka Y, Sanui M, Takimoto K, Mayumi T, Azuhata T, Ito F, Yoshihiro S, Hayakawa K, Nakashima T, Ogura T, Noda E, Nakamura Y, Sekine R, Yoshikawa Y, Sekino M, Ueno K, Okuda Y, Watanabe M, Tampo A, Saito N, Kitai Y, Takahashi H, Kobayashi I, Kondo Y, Matsunaga W, Nachi S, Miike T, Takahashi H, Takauji S, Umakoshi K, Todaka T, Kodaira H, Andoh K, Kasai T, Iwashita Y, Arai H, Murata M, Yamane M, Shiga K, Hori N: Characteristics, treatments, and outcomes of severe sepsis of 3195 ICU-treated adult patients throughout Japan during 2011-2013.
    Journal of Intensive Care 4:44, 2016
    DOI: 10.1186/s40560-016-0169-9
  11. Hayakawa M, Maekawa K, Kushimoto S, Kato H, Sasaki J, Ogura H, Matauoka T, Uejima T, Morimura N, Ishikura H, Hagiwara A, Takeda M, Kaneko N, Saitoh D, Kudo D, Kanemura T, Shibusawa T, Furugori S, Nakamura Y, Shiraishi A, Murata K, Mayama G, Yaguchi A, Kim S, Takasu O, Nishiyama K: High D-Dimer Levels Predict a Poor Outcome in Patients with Severe Trauma, Even with High Fibrinogen Levels on Arrival: A Multicenter Retrospective Study.
    Shock 45:308-14, 2016
    DOI: 10.1097/SHK.0000000000000542
  12. Hayakawa M, Kudo D, Saito S, Uchino S, Yamakawa K, Iizuka Y, Sanui M, Takimoto K, Mayumi T, Ono K, Azuhata T, Ito F, Yoshihiro S, Hayakawa K, Nakashima T, Ogura T, Noda E, Nakamura Y, Sekine R, Yoshikawa Y, Sekino M, Ueno K, Okuda Y, Watanabe M, Tampo A, Saito N, Kitai Y, Takahashi H, Kobayashi I, Kondo Y, Matsunaga W, Nachi S, Miike T, Takahashi H, Takauji S, Umakoshi K, Todaka T, Kodaira H, Andoh K, Kasai T, Iwashita Y, Arai H, Murata M, Yamane M, Shiga K, Hori N: Antithrombin Supplementation and Mortality in Sepsis-Induced Disseminated Intravascular Coagulation: A Multicenter Retrospective Observational Study.
    Shock 46:623-31, 2016
    DOI: 10.1097/SHK.0000000000000727
  13. Hagiwara A, Kushimoto S, Kato H, Sasaki J, Ogura H, Matsuoka T, Uejima T, Hayakawa M, Takeda M, Kaneko N, Saitoh D, Otomo Y, Yokota H, Sakamoto T, Tanaka H, Shiraishi A, Morimura N, Ishikura H: Can Early Aggressive Administration of Fresh Frozen Plasma Improve Outcomes in Patients with Severe Blunt Trauma? — A Report by the Japanese Association for the Surgery of Trauma.
    Shock 45:495-501, 2016
    DOI: 10.1097/SHK.0000000000000536
  14. Endo A, Shiraishi A, Otomo Y, Kushimoto S, Saitoh D, Hayakawa M, Ogura H, Murata K, Hagiwara A, Sasaki J, Matsuoka T, Uejima T, Morimura N, Ishikura H, Takeda M, Kaneko N, Kato H, Kudo D, Kanemura T, Shibusawa T, Hagiwara Y, Furugori S, Nakamura Y, Maekawa K, Mayama G, Yaguchi A, Kim S, Takasu O, Nishiyama K: Development of Novel Criteria of the "Lethal Triad" as an Indicator of Decision Making in Current Trauma Care: A Retrospective Multicenter Observational Study in Japan.
    Critical Care Medicine 44, e797-803, 2016
    DOI: 10.1097/CCM.0000000000001731

症例報告(和文)

  1. 本間多恵子、柳田雄一郎、石川岳彦、森本裕二、石川勝清、丸藤哲:急性一酸化炭素中毒に対する高気圧酸素治療経験
    ICUとCCU 40:61-64, 2016
  2. 方波見謙一、立花義浩、岩永航、村上博基、半田つばさ、坂東敬介、斉藤智誉、牧瀬博:多発性脳出血を伴ったサリチル酸中毒の1例
    日本集中治療学会雑誌 23:595-596, 2016

症例報告(英文)

  1. Katabami K, Hayakawa M, Gando S: Severe methemoglobinemia due to sodium nitrite poisoning.
    Case Reports in Emergency Medicine, 2016 ID 9013816 3pages
    DOI: 10.1155/2016/9013816

Letter to Editor(和文)

  1. 早川峰司:酸素飽和度に関する混乱
    日本集中治療医学会雑誌 23:181-2, 2016

その他(和文)

  1. 白石淳、久志本成樹、大友康裕、齋藤大蔵、村田希吉、早川峰司、植嶋利文、金子直之、萩原章嘉、佐々木淳一、小倉裕司、松岡哲也、森村尚登、石倉宏恭、武田宗和、加藤宏、横田裕行、坂本照夫、田中裕、工藤大介、金村剛宗、渋沢崇行、萩原靖、古郡慎太郎、仲村佳彦、前川邦彦、真山剛、矢口有乃、金史英、高須修、西山和孝:トラネキサム酸の早期投与は日本の外傷診療においても外傷死を減少させていた 傾向スコア解析による検討
    日本外傷学会雑誌 30:397-404, 2016
  2. 萩原章嘉、久志本成樹、加藤宏、佐々木淳一、小倉裕司、松岡哲也、植嶋利文、森村尚登、石倉宏恭、早川峰司、武田宗和、金子直之、齋藤大蔵、大友康裕、横田裕行、坂本照夫、田中裕、白石淳:初療早期より新鮮凍結血漿を積極的に投与することで重症外傷の予後を改善できるか
    日本外傷学会雑誌 30:385-96, 2016
  3. 仲村佳彦、石倉宏恭、久志本成樹、早川峰司、萩原章嘉、齋藤大蔵、佐々木淳一、小倉裕司、松岡哲也、植嶋利文、森村尚登、武田宗和、金子直之、加藤宏、白石淳、工藤大介、前川邦彦、金村剛宗、渋沢崇行、萩原靖、古郡慎太郎、村田希吉、真山剛、矢口有乃、金史英、高須修、西山和孝:来院時凝固・線溶系マーカーによる大量輸血予測 フィブリノーゲン値による予測の可能性
    日本外傷学会雑誌 30:348-55, 2016
  4. 村田希吉、大友康裕、久志本成樹、齋藤大蔵、金子直之、武田宗和、白石淳、遠藤彰、早川峰司、萩原章嘉、佐々木淳一、小倉裕司、松岡哲也、植嶋利文、森村尚登、石倉宏恭、加藤宏、横田裕行、坂本照夫、田中裕、工藤大介、金村剛宗、渋沢崇行、萩原靖、古郡慎太郎、仲村佳彦、前川邦彦、真山剛、矢口有乃、金史英、高須修、西山和孝:病院前輸液は外傷性血液凝固障害のリスク因子である
    日本外傷学会雑誌 30:341-7, 2016
  5. 早川峰司、前川邦彦、久志本成樹、萩原章嘉、齋藤大蔵、佐々木淳一、小倉裕司、松岡哲也、植嶋利文、森村尚登、石倉宏恭、武田宗和、金子直之、加藤宏、大友康裕、横田裕行、坂本照夫、田中裕、白石淳、工藤大介、金村剛宗、渋沢崇行、萩原靖、古郡慎太郎、仲村佳彦、村田希吉、真山剛、矢口有乃、金史英、高須修、西山和孝:重症外傷患者における搬入時のD-dimer高値はフィブリノゲン値に関係なく予後不良を示唆する
    日本外傷学会雑誌 30:331-40, 2016
  6. 早川峰司、前川邦彦、久志本成樹、萩原章嘉、齋藤大蔵、佐々木淳一、小倉裕司、松岡哲也、植嶋利文、森村尚登、石倉宏恭、武田宗和、金子直之、加藤宏、大友康裕、横田裕行、坂本照夫、田中裕、白石淳、工藤大介、金村剛宗、渋沢崇行、萩原靖、古郡慎太郎、仲村佳彦、村田希吉、真山剛、矢口有乃、金史英、高須修、西山和孝:重症頭部単独外傷患者における播種性血管内凝固症候群の発症に組織低灌流は必須ではない
    日本外傷学会雑誌 30:356-64, 2016
  7. 前川邦彦、早川峰司、久志本成樹、萩原章嘉、齋藤大蔵、佐々木淳一、小倉裕司、松岡哲也、植嶋利文、森村尚登、石倉宏恭、武田宗和、金子直之、加藤宏、大友康裕、横田裕行、坂本照夫、田中裕、白石淳、工藤大介、金村剛宗、渋沢崇行、萩原靖、古郡慎太郎、仲村佳彦、村田希吉、真山剛、矢口有乃、金史英、高須修、西山和孝:外傷患者の病院死亡に関連する受傷24時間後のヘモグロビン、血小板、フィブリノゲンのカットオフ値の同定
    日本外傷学会雑誌 30:412-8, 2016
  8. 植嶋利文、白石淳、久志本成樹、早川峰司、萩原章嘉、齋藤大蔵、佐々木淳一、小倉裕司、松岡哲也、森村尚登、石倉宏恭、武田宗和、金子直之、加藤宏、大友康裕、横田裕行、坂本照夫、田中裕、工藤大介、金村剛宗、渋沢崇行、萩原靖、古郡慎太郎、仲村佳彦、前川邦彦、村田希吉、真山剛、矢口有乃、金史英、高須修、西山和孝、村尾佳則:頭部単独外傷におけるトラネキサム酸の生命予後に対する効果の検証 傾向スコア解析による検討
    日本外傷学会雑誌 30:405-11, 2016
  9. 渋沢崇行、佐々木淳一、仲村佳彦、石倉宏恭、植嶋利文、小倉裕司、加藤宏、金子直之、齋藤大蔵、武田宗和、矢口有乃、萩原章嘉、早川峰司、松岡哲也、古郡慎太郎、森村尚登、遠藤彰、白石淳、村田希吉、大友康裕、金史英、横田裕行、坂本照夫、田中裕、工藤大介、久志本成樹:本邦における超高齢者の外傷急性期凝固線溶動態
    日本外傷学会雑誌 30:365-9, 2016
  10. 工藤大介、久志本成樹、白石淳、大友康裕、齋藤大蔵、早川峰司、萩原章嘉、佐々木淳一、小倉裕司、松岡哲也、植嶋利文、森村尚登、石倉宏恭、武田宗和、金子直之、加藤宏、横田裕行、坂本照夫、田中裕、村田希吉、遠藤彰、金村剛宗、渋沢崇行、萩原靖、古郡慎太郎、仲村佳彦、前川邦彦、真山剛、矢口有乃、金史英、高須修、西山和孝:頭部外傷非合併重症外傷における抗凝固薬・抗血小板薬内服の止血的介入への影響
    日本外傷学会雑誌 30:370-5, 2016
  11. 久志本成樹、早川峰司、萩原章嘉、齋藤大蔵、佐々木淳一、小倉裕司、松岡哲也、植嶋利文、森村尚登、石倉宏恭、武田宗和、金子直之、加藤宏、大友康裕、横田裕行、坂本照夫、田中裕、白石淳、工藤大介、金村剛宗、渋沢崇行、萩原靖、古郡慎太郎、仲村佳彦、前川邦彦、村田希吉、真山剛、矢口有乃、金史英、高須修、西山和孝:外傷急性期凝固線溶動態に関する多施設共同研究(J-OCTET)の概要
    日本外傷学会雑誌 30, 321-30, 2016
  12. 久志本成樹、工藤大介、早川峰司、萩原章嘉、齋藤大蔵、佐々木淳一、小倉裕司、松岡哲也、植嶋利文、森村尚登、石倉宏恭、武田宗和、金子直之、加藤宏、大友康裕、横田裕行、坂本照夫、田中裕、白石淳、金村剛宗、渋沢崇行、萩原靖、古郡慎太郎、仲村佳彦、前川邦彦、村田希吉、真山剛、矢口有乃、金史英、高須修、西山和孝:血漿/赤血球比≧1の輸血療法による早期に輸血を要する重症外傷に対する臨床的効果 多施設共同後向きコホート研究
    日本外傷学会雑誌 30:376-84, 2016
  13. 遠藤彰、白石淳、久志本成樹、大友康裕、齋藤大蔵、早川峰司、小倉裕司、村田希吉、萩原章嘉、佐々木淳一、松岡哲也、植嶋利文、森村尚登、石倉宏恭、武田宗和、金子直之、加藤宏、工藤大介、金村剛宗、渋沢崇行、萩原靖、古郡慎太郎、仲村佳彦、前川邦彦、真山剛、矢口有乃、金史英、高須修、西山 和孝:治療指針としての『外傷死の三徴』の有用性の検証と新基準の提案
    日本外傷学会雑誌 30:419-23, 2016
  14. 早川峰司:ラット鈍的外傷モデルにおける外傷直後の凝固障害と凝固活性化因子
    Shock: 日本Shock学会雑誌 30:30-7, 2016
  15. 早川峰司:【消化器内科領域で漢方薬を活用する】 重症患者の早期経腸栄養と血漿グレリン濃度に対する六君子湯の効果
    漢方医学 40:144-7, 2016
  16. 野上恵嗣、長尾毅彦、丸藤哲(凝固部門編集委員):2015 Hot Topics 凝固分解
    日本血栓止血学会誌 27:95-98, 2016
  17. 丸藤哲:外傷性凝固障害―現実なのか作話なのか―
    日本血栓止血学会誌27:397-398, 2016
  18. 丸藤哲:英会話と英語、そしてグローバリゼーションと国際競争
    救急医学 40:125-126,128, 2016 へるす出版
  19. 丸藤哲:DICと基礎疾患-診断・治療の進め方
    現場で役立つ!DIC診療エッセンス 1:4-6, 2016
  20. 方波見謙一 : ジェネラリストがマスターしたい!心エコー 胸痛
    総合診療 26:735-740, 2016

国際学会

招待講演
  1. Gando S: Trauma, shock, and disseminated intravascular coagulation.
    3rd World Trauma Congress, August 17-20, 2016, New Delhi
  2. Gando S, Wada T, Ono Y, Maekawa K, Katabami K, Hayakawa M, Sawamura A: DIC and fibrinolysis in patients with trauma and out-of-hospital cardiac arbest.
    The 9th Congress of Asian-Pacific Society on Thrombosis and Hemostasis, October 6-9, 2016, Taipei
  3. Gando S: Trauma, Shock, and disseminated intravascular coagulation.
    XXIIIrd International Congresson Fibrinolysis and XVIth International Workshop on Molecular and Cellular Biobgy of Plasminogen Activation, October 17-21, 2016, Shizuoka
一般発表
  1. Maekawa K, Hayakawa M, Kushimoto S, Shiraishi A, Kato H, Sasaki J, Ogura H, Matauoka T, Uejima T, Morimura N, Ishikura H, Hagiwara A, Takeda M: Determination of optimal cut-off values of haemoglobin, platelet count and fibrinogen at 24 hours after injury associated with mortality in trauma patients.
    36th International Symposium on Intensive Care and Emergency Medicine, March 15-18, 2016, Brussels
  2. Sadamoto Y, Katabami K, Wada T, Ono Y, Maekawa K, Hayakawa M, Sawamura A, Gando S: Disseminated intravascular coagulation during eary phase of out-of-hospital cardiac arrest and resuscitation belongs to the fibrinolytic phonotype.
    29th Annual Congress of European Society of Intensive Care Medicine, October 1-5, 2016, Milan
  3. Maekawa K, Hayakawa M, Ono Y, Kodate A, Sadamoto Y, Tominaga N, Mizugaki A, Murakami H, Yoshida T, Katabami K, Wada T, Sawamura A, Gando S: Impact of age on the relationship between resuscitation duration and neurologically intact survival after out-of-hospital cardiac arrest.
    29th Annual Congress of European Society of Intensive Care Medicine, October 1-5, 2016, Milan
  4. Ono Y, Hayakawa M, Iijima H, Maekawa K, Kodate A, Sadamoto Y, Mizugaki A, Murakami H, Katabami K, Wada T, Sawamura A, Gando S: The response time threshold for predicting favorable neurological outcomes in patients with bystander-witnessed out-of-hospital cardiac arrest.
    29th Annual Congress of European Society of Intensive Care Medicine, October 1-5, 2016, Milan
  5. Kodate A, Katabami K, Wada T, Ono Y, Maekawa K, Hayakawa M, Sawamura A, Gando S: Disseminated intravascular coagulation with the fibrinolytic phenotype predicts the outcome of patients with patients with out-of-hospital cardiac arrest.
    29th Annual Congress of European Society of Intensive Care Medicine, October 1-5, 2016, Milan

全国学会

招待講演
  1. 丸藤哲:Trauma, Shock, and Disseminated intravascular coagulation
    第30回日本外傷学会総会 2016年5月 東京
シンポジウム
  1. 早川峰司、齋藤慎二郎、内野慈彦、山川一馬、工藤大介、飯塚悠祐、讃井將満、滝本浩平、真弓俊彦:J-SEPTIC DIC study 報告
    第43回日本集中治療医学会学術集会 2016年2月 神戸
パネルディスカッション
  1. 早川峰司:「外傷性凝固障害-最新の知見-」外傷急性期のフィブリノゲン
    第30回日本外傷学会総会・学術集会 2016年5月 東京
  2. 村田希吉、大友康裕、白石淳、加藤宏、佐々木淳一、小倉裕司、松岡哲也、植嶋利文、森村尚登、石倉宏恭、早川峰司、萩原章嘉、武田宗和、金子直之、齋藤大蔵、久志本茂樹:J-OCTET 報告:病院前輸血は外傷性血液凝固機能のリスク因子である。
    第30回日本外傷学会総会・学術集会 2016年5月 東京
  3. 早川峰司:脳死下の臓器提供は選択肢の一つでしかない
    第34回日本肝移植研究会 2016年7月 旭川
一般発表
  1. 早川峰司:脳死下の臓器提供患者に対するステロイド投与に関する考察
    第35回北海道腎移植談話会 2016年1月 札幌
  2. 丸藤哲:Journal of Intensive Care(JIC)へ論文投稿のすすめ
    第43回日本集中治療医学会学術集会 2016年2月 神戸
  3. 石川雅巳、則末泰博、丸藤哲、木下順弘、田村高志、橋本圭司、木下浩作、氏家良人:DNARが心肺停止前の治療方針に与える影響:症例検討
    第43回日本集中治療医学会学術集会 2016年2月 神戸
  4. 和田剛志、丸藤哲、家子正裕、水柿明日美、前川邦彦、方波見謙一、小野雄一、早川峰司、澤村淳、Subrina Jesmin:心停止後症候群における凝固線溶異常-心停止の原因による凝血学的因子の変化の相違-
    第43回日本集中治療医学会学術集会 2016年2月 神戸
  5. 太安孝允、浅井英嗣、佐藤広治、新宮康栄、加藤裕貴、大岡智学、若狭哲、橘剛、松居喜郎、丸藤哲:小児先天性心疾患術後管理におけるトルバプタンの使用経験
    第43回日本集中治療医学会学術集会 2016年2月 神戸
  6. 小舘旭、定本圭弘、水柿明日美、村上博基、小野雄一、前川邦彦、方波見謙一、宮本大輔、和田剛志、丸藤哲:気管切開術後の気管腕頭動脈瘻をきたした2例
    第43回日本集中治療医学会学術集会 2016年2月 神戸
  7. 早川峰司、齋藤慎二郎、内野慈彦、山川一馬、工藤大介、飯塚悠祐、讃井將満、滝本浩平、真弓俊彦:JSEPTIC DIC study 報告:JSEPTIC DIC study オーバービュー
    第43回日本集中治療医学会学術集会 2016年2月 神戸
  8. 黒田泰弘、内野博之、永山正雄、相引眞幸、木下浩作、小畑仁司、三宅康史、澤村淳、坂本哲也:中枢神経モニタリングに関するアンケート
    第43回日本集中治療医学会学術集会 2016年2月 神戸
  9. 澤村淳:脳卒中患者の集中治療
    第43回日本集中治療医学会学術集会 2016年2月 神戸
  10. 射場敏明、小倉裕司、松田直之、松嶋麻子、澤村淳、廣瀬智也、坂本壮、山川一馬、西田修、井上茂亮、今泉均、江木盛時、垣花泰之、久志本成樹、小谷穣治、貞広智仁、志馬伸朗、中川聡、中田孝明、布宮伸、林淑朗、藤島清太郎、升田好樹、織田成人、田中裕:DIC対策
    第43回日本集中治療医学会学術集会 2016年2月 神戸
  11. 今泉均、藤島清太郎、升田好樹、巽博臣、藤村直幸、後藤孝治、早川峰司、安田英人、角由佳、西田修、小倉裕司、井上茂亮、射場敏明、江木盛時、垣花泰之、久志本成樹、小谷穣治、貞広智仁、志馬伸朗、中川聡、中田孝明、布宮伸、林淑朗、松嶋麻子、松田直之、織田成人、田中裕:ステロイド, 免疫グロブリン(IVIG)のガイドラインの作成過程の経過
    第43回日本集中治療医学会学術集会 2016年2月 神戸
  12. 早川桂、本間洋輔、早川峰司、佐藤啓太、五木田昌士、勅使河原勝伸、田口茂正、清田和也:JSEPTIC DIC study 報告:重症敗血症における乳酸値の推移と予後
    第43回日本集中治療医学会学術集会 2016年2月 神戸
  13. 高氏修平、早川峰司:JSEPTIC DIC study 報告:敗血症におけるV-V ECMO の効果
    第43回日本集中治療医学会学術集会 2016年2月 神戸
  14. 早川峰司、山川一馬、齋藤慎二郎、内野慈彦、工藤大介、飯塚悠祐、讃井將満、滝本浩平、真弓俊彦:JSEPTIC DIC study 報告:敗血症に対するトロンボモジュリン製剤の効果
    第43回日本集中治療医学会学術集会 2016年2月 神戸
  15. 早川峰司、工藤大介、齋藤慎二郎、内野慈彦、山川一馬、飯塚悠祐、讃井將満、滝本浩平、真弓俊彦:JSEPTIC DIC study 報告:敗血症に対するアンチトロンビン製剤の効果
    第43回日本集中治療医学会学術集会 2016年2月 神戸
  16. 工藤大介、早川峰司、内野慈彦、讃井將満、山川一馬、飯塚悠祐、滝本浩平、齋藤慎二郎、真弓俊彦:JSEPTIC DIC study 報告:敗血症DIC治療方針の転帰への影響
    第43回日本集中治療医学会学術集会 2016年2月 神戸
  17. 澤村淳、水柿明日美、村上博基、方波見謙一、前川邦彦、小野雄一、宮本大輔、和田剛志、早川峰司、丸藤哲:外傷性脳内出血症例と鑑別が困難であったAOAVMの検討
    第43回日本集中治療医学会学術集会 2016年2月 神戸
  18. 澤村淳、小舘旭、定本圭弘、村上博基、水柿明日美、方波見謙一、前川邦彦、宮本大輔、小野雄一、和田剛志、早川峰司、丸藤哲:重症多発外傷患者における脳脂肪塞栓症の検討
    第30回日本外傷学会総会・学術集会 2016年5月 東京
  19. 方波見謙一、丸藤哲:北海道大学病院先進急性期医療センターに搬入となった窒息による心肺停止症例の検討
    第20回日本神経麻酔集中治療学会 2016年7月 札幌
  20. 早川峰司:脳死下の臓器提供は選択肢の一つでしかない
    第35回日本心臓移植研究会学術集会 2016年10月 札幌
  21. 富永直樹、方波見謙一、小舘旭、定本圭弘、村上博基、吉田知由、小野雄一、前川邦彦、早川峰司、澤村淳、丸藤哲:PCPS脱血管が上行腰静脈へ迷入した一例
    第44回日本救急医学会学術集会 2016年11月 東京
  22. 方波見謙一、小舘旭、定本圭弘、富永直樹、村上博基、小野雄一、前川邦彦、早川峰司、澤村淳、丸藤哲:心肺停止蘇生後早期DIC についての検討
    第44回日本救急医学会学術集会 2016年11月 東京
  23. 方波見謙一、丸藤哲、牧瀬博、奈良理、七戸康夫、田口大、瀧健治、松田知倫、中川麗:札幌市における年齢別救急搬入症例の検討
    第44回日本救急医学会学術集会 2016年11月 東京
  24. 板垣有紀、方波見謙一、小舘旭、定本圭弘、富永直樹、村上博基、小野雄一、前川邦彦、早川峰司、澤村淳、丸藤哲:外傷性孤立性腹腔動脈解離と上腸間膜動脈解離を合併した1例
    第44回日本救急医学会学術集会 2016年11月 東京
  25. 定本圭弘、方波見謙一、小舘旭、村上博基、吉田知由、前川邦彦、宮本大輔、早川峰司、澤村淳、丸藤哲:画像上明らかでない卵巣奇形腫を合併した抗NMDA受容体脳炎の一例
    第44回日本救急医学会学術集会 2016年11月 東京
  26. 小野雄一、早川峰司、前川邦彦、小舘旭、定本圭弘、富永直樹、村上博基、方波見謙一、澤村淳、丸藤哲:院外心肺停止患者における神経学的予後を予測するresponse time閾値の検討
    第44回日本救急医学会学術集会 2016年11月 東京
  27. 方波見謙一、小舘旭、定本圭弘、富永直樹、村上博基、小野雄一、前川邦彦、早川峰司、澤村淳、丸藤哲:心肺停止蘇生後早期の線溶亢進型DICは症例の予後を規定する
    第44回日本救急医学会学術集会 2016年11月 東京
  28. 村上壮一、澤村淳、方波見謙一、早川峰司、前川邦彦、村上博基、丸藤哲、平野聡:当院におけるDMAT活動と今後の課題
    第44回日本救急医学会学術集会 2016年11月 東京

地方会

一般発表
  1. 前川邦彦、早川峰司、澤村淳、丸藤哲:偶発性低体温症の復温に使用した赤外線ヒーターで熱傷を受傷した1例
    第22回日本熱傷学会北海道地方会 2016年2月 札幌
  2. 定本圭弘、方波見謙一、小舘旭、富永直樹、村上博基、吉田知由、提嶋久子、小野雄一、前川邦彦、早川峰司、澤村淳、丸藤哲:カテコラミン心筋症を合併しショックとなった拡張型心筋症疑いの1例
    第25回日本集中治療医学会北海道地方会 2016年9月 旭川
  3. 小舘旭、方波見謙一、定本圭弘、富永直樹、村上博基、吉田知由、提嶋久子、小野雄一、前川邦彦、早川峰司、澤村淳、丸藤哲:外傷性孤立性腹腔動脈解離と上腸間膜動脈解離を合併した1例
    第40回北海道救急医学会学術集会 2016年10月 帯広
  4. 方波見謙一、丸藤哲、牧瀬博、奈良理、七戸康夫、田口大、瀧健治、松田知倫、中川麗:札幌市における年齢別救急搬入症例の検討
    第40回北海道救急医学会学術集会 2016年10月 帯広
  5. 定本圭弘、方波見謙一、小舘旭、富永直樹、村上博基、吉田知由、提嶋久子、宮本大輔、小野雄一、前川邦彦、早川峰司、澤村淳、丸藤哲:画像上明らかでない卵巣奇形腫を合併した抗NMDA受容体脳炎の1例
    第40回北海道救急医学会学術集会 2016年10月 帯広

司会・座長・助言者

司会
  1. 丸藤哲:(パネルディスカッション)大量輸血を再考する ― Massive transfusion protocol は本当に使えるのか?
    第44回日本救急医学会学術集会 2016年11月 東京
  2. 丸藤哲:TMAに潜む補体制御異常による重篤な疾患を見逃さないために
    第44回日本救急医学会学術集会 2016年11月 東京
  3. 丸藤哲:敗血症性DICの病態とマネジメント
    第44回日本救急医学会学術集会 2016年11月 東京
  4. 岡本好司、丸藤哲:(シンポジウム)外傷性凝固障害に迫る!!-Press Trauma-Induced Coagulopathy Close!!-(5演題)
    第38回日本血栓止血学会学術集会 2016年6月 奈良
  5. 村上博基:一般演題5 CPA(5演題)
    第40回北海道救急医学会学術集会 2016年10月 帯広
座長
  1. 丸藤哲:Improvement of patient outcome by the use of coagulation testing in the acute coagulopathy of trauma (ACoT) (Department of Surgery, Division of Acute Care Surgery, The University of Texas, USA Professor: Bryan Cotton)
    第43回日本集中治療医学会学術集会 2016年2月 神戸
  2. 丸藤哲:優秀演題(4演題)
    第43回日本集中治療医学会学術集会 2016年2月 神戸
  3. 丸藤哲:重症敗血症における抗凝固療法の展望(順天堂大学大学院医学研究科救急災害医学 教授 射場敏明)
    第43回日本集中治療医学会学術集会 2016年2月 神戸
  4. 丸藤哲:「委員会報告」機関誌編集委員会(2演題)
    第43回日本集中治療医学会学術集会 2016年2月 神戸
  5. 早川峰司:一般演題一演題(堺市立医療センター 救急センター救急外科 副部長 臼井章浩)
    救急 陰圧閉鎖療法セミナー 2016年3月 札幌
  6. 丸藤哲:Expert Meeting in TMA 2016年4月 東京
  7. 丸藤哲:発明・革新は臨床経験から―トレミキシン開発経験から次世代手術システムへ―(滋賀医科大学バイオメディカル・イノベーションセンター 革新的医療システム開発部門 特任教授 谷徹)
    第19回日本臨床救急医学会総会・学術集会2016 2016年5月 福島
  8. 丸藤哲:外科医が診て来たDIC今昔物語(北九州市八幡病院 副院長 岡本好司)
    第10回北海道DIC学術講演会 2016年8月 札幌
  9. 丸藤哲:敗血症性DICの治療戦略と今後の展望(4演題)
    DIC治療フォーラム 2016年10月 東京
  10. 丸藤哲:救急診療における脳卒中診療の位置づけ(日本医科大学大学院医学研究科 救急医学分野 大学院教授 横田裕行) 特徴を活かした抗凝固療法の3rdステージ~万が一に備える“次の一手”と安心感~
    2016年10月 札幌
  11. 丸藤哲:救急治療に漢方は活かせるか(特別講演1演題)
    第5回北海道漢方医学研究会 2016年11月 札幌
  12. 丸藤哲:第44回日本救急医学会総会・学術集会 2016年11月 東京
助言者
  1. 丸藤哲:イダルシズマブに対する適正使用について助言
    イダルシズマブに関するサイエンティフィックインタビュー 2016年6月 札幌
  2. 前川邦彦:シンポジウムC 処置拡大
    第27回北海道救急医学会救急隊員部会研修会 2016年5月 千歳
コメンテータ
  1. 丸藤哲:「救急・ICU」救急(6演題)
    日本麻酔科学会第63回学術集会 2016年5月 福岡
オブザーバー
  1. 丸藤哲:DIC治療をもう一度考える!
    第26回バイオメディカルフォーラム 2016年12月 東京

講演

  1. 早川峰司:DICの病態とその治療
    『DIC治療セミナー』〜重症敗血症患者を救うために〜 2016年1月 札幌
  2. 早川峰司:腎障害を伴うDIC患者における遺伝子組み換えトロンボモジュリンの薬物動態
    血栓止血学会SSCシンポジウム 2016年1月 東京
  3. 早川峰司:J-SEPTIC DIC study 報告
    札幌救急カンファレンス 2016年4月 札幌
  4. 早川峰司:敗血症性DICにおけるリコモジュリン
    トロンボモジュリンセミナー 2016年5月 札幌
  5. 丸藤哲:外傷性凝固障害の考え方,診断,治療
    第30回日本外傷学会総会・学術集会 2016年5月 東京
  6. 丸藤哲:敗血症性DICの考え方と診断・治療
    敗血症治療セミナーin金沢 2016年6月 金沢
  7. 早川峰司:急性腎不全を伴ったDIC患者におけるリコモジュリンの薬物動態
    第5回高知Acute Care Surgery研究会 2016年6月 高知
  8. 早川峰司:急外傷直後の凝固障害~なぜ線溶亢進型DICなのか~
    第5回高知Acute Care Surgery研究会 2016年6月 高知
  9. 早川峰司:心肺蘇生ガイドライン 最近の話題
    第39回白石心臓勉強会 2016年6月 札幌
  10. 早川峰司:DICの病態とその治療
    兵庫DICフォーラム 2016年7月 神戸
  11. 早川峰司:DICの病態とその治療
    旭川地区 研修医・指導医 敗血症DICセミナー 2016年7月 旭川
  12. 丸藤哲:DICの考え方と診断・治療
    西胆振DIC講演会 2016年7月 室蘭
  13. 早川峰司:DICの病態とその治療
    第5回北九州敗血症治療懇話会 2016年8月 北九州
  14. 丸藤哲:DICの診断と治療―リコモジュリンの可能性―
    Cardiovascular Surgery Forum 2016 in MIYAGI 2016年9月 仙台
  15. 丸藤哲:敗血症性DICの考え方と診断・治療
    第6回神奈川外科・救急合同セミナー 2016年9月 横浜
  16. 丸藤哲:外傷性凝固障害の病態生理と対応
    第3回北海道 Acute Care Academy 2016年9月 札幌
  17. 早川峰司:救急集中治療領域における消化管機能異常の病態と対策
    合同学術集会 2016 共催シンポジウム 2016年9月 札幌
  18. 早川峰司:DICの病態とその治療
    愛媛敗血症治療セミナー 2016年9月 愛媛
  19. 19. 早川峰司:DICの病態とその治療
    徳島DICフォーラム 2016年9月 徳島
  20. 丸藤哲:敗血症性DICの最近の考え方
    第31回日本Shock学会総会 2016年10月 東京
  21. 澤村淳:救急・災害医療と臨床検査
    第5回北海道BMセミナー 2016年10月 札幌
  22. 早川峰司:敗血症性DICの治療戦略と今後の展望
    DIC治療フォーラム 2016年10月 東京
  23. 早川峰司:~基礎疾患に合併するDICの撲滅を目指して~敗血症診療におけるDIC治療の位置づけ
    第7回リコモジュリンWeb講演会 2016年10月 札幌
  24. 方波見謙一:Point-of Careの展開-ハンズオン用講義-
    第二回Point-of-Care超音波研究会 2016年10月 東京
  25. 方波見謙一:Point-of-Careの展開-心臓-
    第二回Point-of-Care超音波研究会 2016年10月 東京
  26. 早川峰司:「日本の敗血症治療の現状とDIC治療薬の効果」
    第44回日本救急医学会総会・学術集会 ランチョンセミナー 2016年11月 東京
  27. 早川峰司:独断と偏見の救急医療
    救急医療スタッフからのメッセージ講演会~医学部学生に知っておいて欲しいこと~ 2016年11月 札幌
  28. 水柿明日美:救急医療の魅力
    救急医療スタッフからのメッセージ講演会~医学部学生に知っておいて欲しいこと~ 2016年11月 札幌
  29. 丸藤哲:救急集中医療と尊厳死
    尊厳死を語るつどい 2016年11月 札幌
  30. 早川峰司:DICの病態とその治療
    さいたま敗血症治療セミナー 2016年11月 埼玉
  31. 早川峰司:DICの病態とその治療
    Osaka Sepsis Forum 2016 2016年12月 大阪