先進急性期医療センター ホーム > 留学体験記

留学体験記

ボストンマラソン

スタート前の様子

余裕のスタート前

名前入りのゼッケン

名前入りのゼッケン

「NIPPON」のTシャツ

「NIPPON」のTシャツ

1897年に始まり、今年で121回目を迎える歴史あるボストンマラソン。2013年に起きたテロ事件も記憶に新しいかと思います。フルマラソンの2日前に開催される5kmマラソンに参加しました。
5kmですから我々のようなfun runner向けのイベントかと思いきや、優勝者には7000ドルの賞金が出るレースでもあり、後方からスタートする僕らfun runnerが正規のスタートラインをまたぐころには、すでに先頭ランナーがゴール間近目前でした。

名前入りのゼッケンにはチップが内蔵されていて、スタートライン、ゴールラインをまたぐと自動的にタイムが計測される仕組みになっています。昔バレーボール観戦のときに購入した「NIPPON」のTシャツを着て、日本代表のつもりで(?)走りました。沿道の日本人の方がこれに気づいて応援してくれました

いろいろ多忙であったり体調を崩したりしていて、5kmなら何とかなるだろうということで結局トレーニングゼロで走ることにしました。沿道からの声援を受けたりして1kmくらいまでは気持ちよく走れていたので「6月の10kmにもエントリーしようかな」なんて思ってましたが、2kmくらいからキツくなってきてそんな気持ちも吹っ飛び、なんとか歩かないでゴールしようとだけ考えて走りました。タイムは30:52、全体で5304位/8921人、男性2693位/3767人、同世代男性364位/487人、、、結構頑張ったと思ったのに遅すぎ(+_+)まったくトレーニングしてないから仕方ないですけどね。
2日後にひどい筋肉痛に襲われましたが、いい思い出になりました。